リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
3月16日

曇り空、いつ雨が降ってきてもおかしくない天気だった。
結納は17日なので今日は甥が乗ってきたレンタカーで家族揃って1日観光です。

何処へ行くのか何も聞いてなかった。
ガイドブックも読んでないし、引越しでネットで調べる事もしていない。
こんな人任せの旅行は初めてだ。

am 7:00  ホテルで朝食、8:00出発です。


am 9:00 

目的地の途中、お土産屋さんが並んだ石畳の通りで「いきなり団子」を義兄が買っ
て来た。
義兄は誰とでも直ぐ仲良く話ができる人で、お店の人の薦めとか言ってたような。


妹が「秘密のケンミンshowでやってたやつだ、中にさつま芋とあんこが入ってる」
と言った。
私も観てたので思い出した。

車酔いする私は1日1回で効く酔い止めを飲んでいた。
温かい内に食べるのが良いと言われながら、お腹も空いていなかったし、あんこが
入っているのでその時は食べなかった。

長い道のりで、帰りにお腹空いた時冷めた「いきなり団子」を食べた。
確か1個60円とかその位だったらしい。
ここで写真撮りましたが、家族の顏をいちいち塗りつぶすのも面倒なのでUPせず。


義兄の観光地での楽しみは食事で、その土地の物を食べる事だそう。
なのでトイレ休憩で車を降りた時、絶対何か買ってくるなと思ってた。
案の定、ソフトクリームを両手に5個持ってました。 
何味だったっけ? 忘れた!! 



am 10:00  
博多南から2時間後に着いたのは熊本城でした。


前日、姉は娘からプレゼントされたデジカメの使い方を、私と妹に聞いていた。
この日はまだ使っておらず、私が一生懸命皆の記念写真を撮っていました。

この時間はまだ観光客も少なく、周りを気にしなくて良かったのでラッキーでした。

SJS0Q3JJWNmOvNG.jpg




lj7AqTb1jXI7nnm.jpg





am 11:00 

天守閣から見下ろした景色。
母は車イスで登れないので、姉と一緒に残りました。
これは母と姉に見せる為に撮った一枚です。

Dei1HH30XKoPQgu.jpg


天守閣の中にも掲示物がいっぱい。
全国のお城のパネルも紹介されていました。
天守閣に登る石の階段、石も人の足跡で随分減るもんだなぁなんて、意外な事に
想いを馳せたのでした。





天守閣は妹と私が一緒に行動。
義兄が先に見に行ったので、私達も登る事にしたからです。

その間母と姉は天守閣の側の展示場を見ていました。
私達が下に戻るといなかったので携帯で連絡、でも場所が良く分からず小雨がパラパラ。
広い敷地を登ったり下ったり、私は足の小指が痛くなり、ヒアルロンサンを注射してい
る妹も膝が痛い・・・・。

もう観光なんてどうでも良くなってきていた。笑
ようやく合流した場所で姉が、「ここすごくいいから見てきたら」と言われ中へ。
敷地内のどんな名前の所だったか覚えていないが、靴を脱いで入りました。

私達の後に甥も義兄もそれぞれ中へ入った。

こうして家族旅行ではあるけど、やっぱり車イスだと制限もあり皆と同じ行動はでき
ず、姉と母、妹と私、義兄、甥、それぞれ別々に行動していたので、揃うまでに時間があり
ました。


そこで妹に「あれで撮ったら?」と言われたのがこの写真です。
am 11:30 

leXwHn6u3c7ex_7.jpg  これならピンボケでOKですね。
  
  妹も撮ってやろうとしたら・・・
  「私はいい」だって。
  なんか、急に自分が幼稚に感じて
  我ながらいい歳して恥ずかしくなった。

  お城の中に入る前に忍者の格好した
  女性スタッフと写真を撮った。

  その次見たのが武士の扮装したスタッフ。

  「今日はよう来て下さった」みたいな事
  を言ってきた。
  そうか、ここはその気になった方がいいな。




ガ : はるばる蝦夷地から参ったでござる。

武 : お~、蝦夷地からとな、それはそれは遠くから・・・・



そんなやり取りがあった後だったので、こんな鎧をまとった気分になったのでしょう。


戻りの時もこの武士に会い、その時もご挨拶してくれました。
たくさんの観光客の中覚えてくれていたようです。
北海道からの観光客のあの変なおばさん・・・てか!

旅の恥はかき捨てだっちゃ!! 


  

お城を見た後は総合観光案内所横にある歴史文化体験施設「湧々座」へ。
大人600円でこの施設にも入場できる。

歴史好きの方には良いかも。
資料を映像で見ながら大河ドラマのような語りが入る。

結局母の車イスは義兄か姉が押して歩いているので、展示もそれぞれが見たい所を
見て歩いてる。
だから母と会話をしながらという事も、あまりなかった。

一度車イスを押した私、スロープから外れて車イスが斜めに傾いた。
義兄がビックリして走り寄った。
それから私が車イスを押す事はなくなりました。

車イスの扱いが全くダメでした。
力ずくで動かそうとして、勢いでスロープを登ろうとしてしまいました。

姉は自分のデジカメを使えず、妹は写真を撮る事に興味なしの体験型だそうで、必然
的にとにかく皆揃ってロケーションが良かったら「皆写真撮るよ」と家族写真を撮っ
ているだけの私でした。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  人気blogRanking    
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
まさかの雇用止め、人生一寸先は闇。がん患者のワタクシ、生きてるだけで丸儲け。笑


読み返さないでUPした昨日、やっぱり変換ミス等数か所見つかりました。
毎度の事ですけどね。笑

本当はブロガーとしてはこれはダメなんですね。
でもカリスマブロガーじゃないので、全然OKです。
ただ恥ずかしいから後で気付いた所を訂正しています。あはははは 

すごいミスの多いブログです。いつもながらごめんなさい。。。m(__)m


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する