リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
自分のアルバムの整理もついたので、今日から少し旅行のお話をします。


3月15日
母、姉夫婦、妹、そして私の5人で福岡、京都5泊6日の旅が始まる。
千歳空港、JALカウンターで待合わせ。
皆は函館から今朝早く出てきた。

お昼の便で福岡へ。

福岡だからピーチ航空でも使うのかと思ったら、直行便で行く方が母が楽だし、車イス
を使うのでサービスを考えてLCCは止めたそうだ。

一昔前は飛行機の中でお弁当食べるなんて考えられなかったけど、今は鉄道と同じ感覚
でお弁当を食べている人がたくさんいる。
空弁なるものが発売されて何年になるだろう?

一時期TVでも紹介されてたけど、最近は目新しくないからかあまり放映される事も
なくなりましたね。
遅まきながら「あきあじ棒鮨」と「ジャスミンティー」を買って乗込みました。

JALのサービス、流石に一流ですね。
優先で一番先に乗せてくれるんですが、女性職員の方が色々お話しながら車イスを押
して搭乗口から飛行機に案内してくれました。

席に着いてからはCAの方が母の目線でしゃがんで説明をしていました。
担当の方が決まっているようです。

トイレなどにも介助していただけるようで、いつでも遠慮なく声を掛けて下さいとの
事でした。
家族が付添っててもちゃんと手助けしてくれるんですね。



ブーツ  ところでセキュリティーチェックですが、
  私初めて靴を脱がされました。笑
  足の小指を痛めていたので、緩めのブーツを
  履いていました。
  何で靴?
  今迄靴が引っ掛かった事なんてないし、靴を脱い
  でる人を見た事もなかった。
  妹の説明によると、ウソか本当かヒールが厚い靴は
  引っ掛かるそうです。



何か仕込んでると思われるから?


最初に警報が鳴りベルトを外して通り抜けたらまた警報がなって、それで靴を脱いで
下さいと言われたんです。
でも時計はしたままで大丈夫でした。
どうしてだろう?

母は毎回警報が鳴ってました。
私達よりチェックが厳しいです。
車イスはもちろん航空会社の物に替えてますが、被っている帽子やバックも調べられ
ていました。

母は指が自由に動かないので袋を開ける時、いつも小さなハサミを使っています。
それがバックに入っていたので引っ掛かったようです。
以前姉達と旅行した時はカミソリを入れていて引っ掛かったと言ってました。

今回はカメラも預けたのですが、ハサミがね~。笑
何回もチェックで鳴るので、姉と妹は笑いながら、「膝に人工関節が入っています」
と説明していましたが、「だったら冠を被せている歯がどうして引っ掛からないん
だろう?」と私は思った。

こんな風に私達のトンチンカンな旅は始まりました。

福岡空港到着後は甥が予約してくれてたレンタカーで博多南のホテルへチェックイン。
夜は甥と甥の婚約者と揃って近くのお店で食事。
初めて本場の「もつ鍋」をいただきました。

塩と醤油味がありました。
私は醤油味を食べたのですが、正直あまりおいしいとは思わなかった。
第一印象は「変わった味、甘い」でした。

福岡のお醤油は甘いんだそうです。
味が薄いとかじゃなくて、お砂糖が入っているような甘さです。
本場の味、食してみないとわからないものですねー。

残念ながらこの日は一枚も写真撮ってませんでした。
福岡空港は大きかった。
レンタカーの運転手さん、「今は梅が満開で、大宰府天満宮はすごくきれいですよ」
と言ってました。


福岡について何も知らない、何も調べて来なかった私達、この言葉が次の日に重大な
意味を持つのでした。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  人気blogRanking    
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
まさかの雇用止め、人生一寸先は闇。がん患者のワタクシ、生きてるだけで丸儲け。笑

コメント
この記事へのコメント
ガーネット さん

お母様の膝術後に、北の桜の下を歩かれると思われたの、
春の九州に行かれたのも、いいなぁ!

自分、大宰府に行ったことあり
国立 博物館も 行きましたよ~

天満宮記事 楽しみ
2012/05/09(水) 21:50 | URL | しろ #-[ 編集]
しろさん
ご存じのように植物も花にも造詣がない私、しろさんのように旅行記は書けません。笑
そもそも神社仏閣に興味も薄く、京都なども一度行ったらもういいかな・・・なんて。
今回は親孝行と思っての旅でしたが、それも???でした。

事の顛末をお楽しみ下さい。v-388v-31
2012/05/10(木) 14:26 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する