リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
ちょっと古い話になります。
2月の乳腺クリニックで検診した時の事は、1ヶ月遅れで3月にUPしているのです
が、その時記事が長くなってしまって書ききれなかった事があります。


私の名前が呼ばれた後で、ある方が声を掛けて来ました。
「ガーネットさん、○○です!」 ・・・・・全然誰だか思いつかない・・・・

ブログの読者か? ヤバイ! バレたか? と緊張が走ったが、彼女の説明で2回目
の入院の時同室だった患者さんだと分かった。

最初、隣りのベッドの方だと思っていたら、違う人だった。
しかもクリニックの10周年の会場でも見かけて、お話したと言うのだ。
面目ない!! 
お話を聞いて色々思い出した。


向かいの入口に近いベッドの方で、私が入院した日は外泊許可をいただいてて、顔を
合わせたのは3日後位だったような気がする。
その時は外泊できるくらいなら重い人ではないんだと勝手に思っていた。

戻ってからお話を聞いたら、抗がん剤の動注療法を受ける人でした。
しこりに気付いた時は乳房全体が硬かったと言ってた。
かなりふくよかな胸で当時30代後半だったような気がする。

動注の為にカテーテルを入れる手術をしたのですが、なかなか戻って来ませんでした。
予定より時間が掛かって、病室に戻ってきました。

抗がん剤を送るべくカテーテルが途中でつっかえて何度も挑戦したけどダメだった
と言っていました。
残念な事に動注療法を行う事ができず、その後どのような治療をしたのか私は退院
したので知りませんでした。

ブログは2007年11月から始めましたが、それ以前の事は病室で日記書いていた
ので、当時の事はブログを始めた時にリアルタイムと過去の経過を1つの記事で少し
ずつ転記していたので、この事もどこかにUPしてるはず。



さて、立ち話をしていた彼女は「再発したんです」と話を続けた。
今でも同じ病室だった他の二人と連絡を取り合っているとかで、他の患者さんのその
後も知る事になった。

立ち話もなんなので、私の横の席が空いたのでそこでお互い検査、診察待ちの間に
お話をしました。


4人部屋だったのですが、彼女ともう1人の方が再発という形になってしまいました。
彼女は動注療法が出来ず、抗がん剤治療を点滴でしていたのですが、2010年の夏
に再発したのだそうです。

もう1人の方は病室の中では一番年配の方で、私が入院した時に数日前手術を終えた
ところでした。
とっても腕が上がっていたのでびっくりしました。
後で全摘でリンパ転移も無かったと聞いて、だから腕の上がりが良かったんだと
思った。

私自身も右の時は同じ全摘でもリンパ郭清の数が少なかったので、腕の上がりが全く
違っていた。


でもまさかこの方が再発するとは思ってもみなかった。
しかも1年後だというのです。

話によるとしこりが出来たそうです。
全摘でリンパ転移もなくて、しこりが出来たって、皮膚に?胸筋に?同じ側?
聞いても詳しい事は知らないようだった。

ただ、リンパ郭清はどうやらセンチネルリンパ郭清だったような話振りだった。
「注射して色が変わって・・・・」と言っていたから。

全摘でリンパ転移が無くて再発した人は1回目の入院の時のがん友にもいた。
だから「癌の悪性度はどうだったの?」と聞いてみたが、そこら辺も知らなかった。

HER2が陽性のようで、今はハーセプチンの治療をしているらしい。


もっと聞きたかったが彼女が診察に呼ばれ、話は途中で終わってしまった。
私は検査を待っていたのだが、間もなく彼女が戻ってきた。。
わざわざ挨拶に寄ってくれた。

「まだ話したいけど電車の時間があるので」と帰る時も、とっても明るくて元気
だった。
今のところお薬も効いているとの事だった。


「クリニックの15周年に行きます?」と聞いてきた。
そうか、来年15周年なんだ。
「パーティーあるのかな?あるんなら行く」と答えた私に、帰り際彼女は言った。


「がんばるから!」



ホントなら「がんばって!!」と言いたかったが、「がんばって」は進行がんの患者
さんに気軽に掛けられる言葉じゃないとの気兼ねから、「見かけたら又声掛けてね!」
としか言えなかった。



「がんばって!」と言いたいのに言えない。
「十分頑張っているのに頑張ってと言われても、もうこれ以上頑張れない」と書いて
いたあるブロガーさんの言葉が今も心に残り、がんばってと言えなくなった私です。

でも、きっと良くなるとか、大丈夫とか、治るとか、そんな空々しい事も言えないし、
本人が重いコメントを発しても、そこを避けて無難な楽しい事しか言わないのもなんか
違う気がする。

同じがん患者だから、がん患者に対して発する言葉が難しい事もあるのですよ。。。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  人気blogRanking    
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
まさかの雇用止め、人生一寸先は闇。がん患者のワタクシ、生きてるだけで丸儲け。笑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。