リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
2月6日、確定申告に行く前にハローワークへ。
個別延長が認められた。

今回は短期ながら採用されたバイトを家探しの為辞退していたので、その辺の事も
申請書に書きハローワークからの紹介に直ぐ応じられるか?のところを「いいえ」
に○をした。

自分としては正直に書いたつもりだったが、「仕事は探しているんですね?」と聞かれ
「はい」と答えたら、「それだったら”はい”に○をして下さい」と言われた。
裏面に書いた理由等、何ヶ処も訂正や削除の二重線と押印で埋められた申請書に
なってしまった。

「すいません、訂正だらけになってしまいましたね」と私。
「大丈夫ですよ(*^_^*)」と笑顔で応えてくれた。
辞退しても求職活動を積極的にしているという事になるらしい。

派遣会社から直接電話があり、辞退したバイトに何日でもいいから来てもらえないか
と言われた。
しかしまだ家探し中だったので、これもお断りした。

Yちゃんからメールがあり、勤め先でパート募集が出たので私にその気があるなら
店長に話してくれるという。

通勤にも便利でいい話だった。
こちらは長期に勤められる。話を進めてもらう事に返事した。
しかし、8日には乳腺クリニックに予約入れてたし、旅行に行く事も決定していた
ので、やっぱり勤めて直ぐ休みを取るのは良くないと思い直し中止した。

直接店長に頼めるのは良いコネクションだと思ったが。。。。。

その後派遣会社から数回のお仕事情報メールが入っていた。
良い条件だったが、何たってお家が決まらない事には。。。。。


そして、ついに私自身が予約していた空室が出た時の内覧ができるとのメールが。
携帯の番号と名字だけを名乗っての予約。
本当にこれだけで連絡くれるのか?
正直あまり期待はしていなかった。

ところが、ちゃんと19日にメールが入っていた。
ただ携帯を持ち歩かない私、気付いたのは夜9時頃だった。
翌朝問合せの電話をした。

20日に空くので部屋を見れるというのだ。
午後4時半と言われたが日当りを見たいので翌日10時にしてもらった。

21日、外はあいにくの雪。
まぁ暗くなかったので日当りは良しとした。
内覧ができるようになって最初の人だからここで決めたら決まる。
でも70~80%の満足感だったので、即答はしなかった。

まだ賃貸中の時に予約した時より、空きになった時の金額が高くなっていた。
内覧してから決めると間違いないから高くなるんだろう。
反対に賃貸中で部屋を見れない場合、家賃も低めに設定されているようだ。

ここを質問したら「そこは責任もって管理会社を説得しますので、大丈夫です」と。
まだ迷っていた私は「どうしようかな~、ここにしようかな~」と独り事。
すると「もう1,000円安くできるかも・・・」と小さな声で。

インターネット使い放題だし駅にもごく近。
部屋がちょっと小さいけど、こんな駅近くて思ったより静かだし、う~ん迷うな~。
もう探すのも嫌になってきたし、あ~他の人は2月中に出ちゃうようだし・・・・

取りあえず家に戻った。

電話が入った。
私の条件で物件を検索しながらの話になって、やっぱり今現在では他に良い物件は
出てない様だった。
それは私も分かってた。ワンルームか広すぎる物件ばかり。

ここで決心した。決めた!!
100%満足なんて絶対ないだろう。もう20件は見てるんだから。。。

30分後、申込書を持って来てくれて記入。
無職なので審査が色々あるらしかったが、電話があり審査が通ったとの事。
やれやれ、これで家探しも終わりだ。

数分してまた電話が。
「管理会社から1,000円安くしていいとOKでました。この話だけだったんで
すけど早くお知らせしようと思いまして・・・・」
「え、ホントですか!ありがとうございます。1,000円でも嬉しいです」

まさか安くしてくれるなんて思いもしなかった。

だって「安くなるんですか?」と現地で聞いた時、外に出て電話してたようだが
「ダメみたいです。ダメです」と言ってたんだから。
まぁ、賃貸中の時の広告で見た賃貸料に戻してくれただけで、それからは安くしな
いだろうと思ってたから。

申込書を書いた後で安くしてくれたなんてね~。
コーヒー出しておいて良かった。笑


さぁ、そうなったら部屋の採寸して家具の位置決めなくちゃ。
22日は向こうの都合でキャンセルになり、昨日11時に現地へ。

そこで気付いたのだ。

なんとガスストーブだった。


あれだけ私がこれまでの経過を話してたのに。。。
「灯油ストーブで探してて、一度申し込んだ物件ガスだったんで断ったんです」って
言ってたのに。


ストーブに置かれた説明書。
最初に現地へ行った時は無かった。いつ置いたんだ?
彼は知っていたんだ。灯油ストーブじゃないって。

「灯油ストーブって書いてたのに・・・・」思わず責める口調になってしまった。
物件は間取り図もそうだけど、現地へ行って見ないと信用できないです。
特にクローゼットの大きさは違う。

「僕の家もガスだけど、そんな高くないですよ。石油は単価の変動があるけど、
ガスは変動がないし、プロパンじゃなく都市ガスだから」だって。
ちっとも驚いた様子もなかった。
確信犯だ!!


これってありですか? (うん?どっかで聞いたセリフ)


私は妹に電話、彼は北ガスに電話している。
妹は確かにガスは高いけど、家族構成が違うから住んでみないと分からないと。

仲介の彼は「灯油より安くはならないけど、都市ガスと同じくらいだそうです」と
北ガスの担当者の話をしてきた。
「そりゃあガス屋さんはそう言うでしょ」(●^o^●)

どっちにしても、もう申込書も書いたしここでまた探し直すのも面倒だ。
プロパンじゃないだけでもラッキーだったと思う。
不動産仲介業者は海千山千で太刀打ちできません。

数件隣りの「最後の砦」としていた物件、今回の業者さんが問い合わせたらオーナー
さんの親戚が入るようで、募集をスットップしているようだと言って来た。

え、そんな事聞いてない。
3階が空く予定で他を決めないで待ってるのに。

早速そちらの仲介業者(私に即決で部屋を決めないでと言っていた)に電話したら、
「あ、それウチで抑えてます」だって。

だけど1月末に3階が空くそうだと言って来てから、こっちには即決しないでと物件
決めさせないで、オーナーが掴まらないとか何とか言って連絡もよこさない。

きっと他にあたりを付けて3階が埋まって、2階が誰も借り手が無かったら私に振る
つもりなんだろう。


ホント誰を信用していいのか分からなかった今回の家探し。
そりゃそうだよね、皆他人だし誰が借りようが埋まればいいんだし、それが仕事なん
だから。

一番悪い奴は「最後の砦」を紹介した業者で、いい人ぶって電話してきたけど、
向こうは私を「最後の砦」にしていたんだ。
なんてこったい!!

二番目に悪い奴は今の管理会社の代理の仲介業者。
とにかく早く退去させたくて、手当たり次第物件を見せ歩いた。
部屋を見て「なんか怖い」と言った私に笑っていたっけ。
自分でもここには住みたくないと思ったんちゃうんかい?
なんてこったい!!


そして、最後に決めたところの仲介業者。
「ここがガスストーブと分かっていたら、決めていなかった」と言ったら笑ってた。
なんてこったい!!


この歳でまた一つ二つ賢くなった。。。。かな???



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ     
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
まさかの雇用止め、人生一寸先は闇。がん患者のワタクシ、生きてるだけで丸儲け。笑

コメント
この記事へのコメント
ガーネット さん

なにわともあれ、良い結果いいな。
一足お先に、九州旅行しました。
2012/02/27(月) 11:32 | URL | しろ #-[ 編集]
しろさん
時間の使い方が悪くて、どうしてもダラダラしてしまって引っ越し準備もだらだらです。
3月に入って本格的に動かないと。。。。
引っ越しは面倒ですね!!

なかなか物を捨てられなくて困っています。
丁度いい機会だから必要最小限にしたいとは思うのですが、無職なので今迄のように何でも好きに買う事はできないと思うと捨てれないです。笑

車庫のない物件なので、これから自転車カバーを買いに行こうかと思っています。e-215
2012/03/01(木) 12:49 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する