リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
がん友のSさんが定期検診でこちらに出て来た。
いつものように食事。
でも今回は日曜日の夜だった。10月23日。

お店はSさんが決めてくれて、デパートの1Fで待合わせ。
お店に向かうのに外に出るのかと思ったら、また地下に戻り直結のビルに入った。
Sさん曰く、「どう説明していいか分からなくて・・・」だった。笑
そうだよね、地元じゃないし、いつもタクシーで移動しちゃうみたいだから。
私が決めればいい事なんだけど、私が決めるとお肉になっちゃいそうだし。

お店の名前を聞いても分からなかった。
でもビルに入って「あ、ここ来た事。あそこでパフェ食べたわ。だけど上には上がっ
た事ないな~」と私。

4Fで降りてお店へ入った。


あ、ここ来た事ある! 



2度目の乳がん手術が終わって会社復帰した時、他課の部長が部下のYちゃんと私に
ご馳走してくれたお店でした。
3年以上前だから忘れてた。
ていうか、1度や2度行っても覚えてないです。笑


Sさんのご家族は自然食主義で、地方のお取り寄せをしている。
Sさんのお母様からいつもお土産にいただく。
ビン詰、重いのにSさん持って来てくれた。

18so3.jpg




Sさんはいつも月曜日に診察を受けている。
金曜日か土曜日に来て土日は友達と会い月曜日診察後に帰る。

こちらに来たらいつも同僚の友達と食事や1泊で温泉に行っている。
今回も温泉に行って来たと言ってた。
その同僚は職場の部署異動で仕事のノルマから「うつ」だと産業医に診断されたとか。

早い対処でその後心療内科にかかり、半年経って経過は良好だそうだ。
元の職場に戻してもらったとかで、やっぱり働く環境って影響あるんだな。


彼女の職場、いつも募集を掛けている。辞める人も多いんだろう。
彼女から人事の女性部長を知っているからと、派遣の登録だけでもしてみたらと心配
していただいていた。
HPに入ってみたが、金融関係への派遣が多いようなので未だ登録はしていない。


そんな彼女、会社の定期健診で胸部X線でひっかかったそうだ。
肺に影が見えると。
リンパ転移2個、大きさは5mmで毎年乳がん検診していたから早くに見つかった。
温存で放射線治療を受けている。

その頃も肺に影響が出て、UFTを中止してそちらの治療に専念した事があった。
定期健診の結果表を持って来ていたので見せてもらった。
会社で健康診断の担当をしていたので、結果表を見てデータを取って労働基準監督署
に報告したりして、ある程度内容は知っている。

肺の所に書いてあった症状は、会社でも数人の方が診断されていたものと同じだった。
要精検になる。
しかし、これで後に肺がんと診断を受けた人はいなかった。
彼女にそんな話をした。


放射線治療を受ける前は、そんな事書かれた事無かったそうだ。
治療後は以前1回同じ診断を受けた事があったようだが、大丈夫だったとの事。

放射線、世間で騒がれているけど、がん患者は治療の為にあびている。
がん退治は命がけという事か。

彼女の両親、青森のにんにくを取りよせていたが、東北という事で今は北海道産の
にんにくを使っているとか。
そこまで気にしないといけないのかかな、私がのほほんとし過ぎか。

夏に福島産の桃食べました。
今迄の検査でどれほどの放射線受けている事か。
気に掛けてたら逆に生きていけない。信じるしかないかなー。


こうして食事会は個室で2時間半、お互いの近況を話し合いました。
翌日はSさん、乳腺と呼吸器科の2ヶ所廻るそうだ。
乳腺が9時半の予約だそうで、早く終わったらお昼も食べる事にした。
例の和食ランチに行こうと思って。
平日のランチ、今までは仕事してたから行けなかったけど、今なら時間はたっぷり。


でもCT検査もあるとかで肺の問題もあるし、検査で12時には終わらないかも。
1時から呼吸器と言ってた。
「早く終わったら電話して」
そう言って別れた。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  人気ブログランキングへ   
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
まさかの雇用止め、人生一寸先は闇。がん患者のワタクシ、生きてるだけで丸儲け。笑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する