リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
ホルモン療法と骨粗鬆症の関係で、乳がんの勉強を始めてから気を付けて検査する
ようになった。

まずゾラデックスを始める時に、後の変化を調べる為に骨密度測定をしておこうと
思った。

ノルバデックス開始から22ヶ月後で、ゾラデックスを始めた時です。
つまり乳がん発症から2年近く、私は乳がんについて何の勉強もしていなかった。
告知、手術、休職、仕事復帰、そんな中で本やネットで乳がんについて調べ始めた。

その当時一番気に掛けていたのが国際的標準治療。
私は標準より軽めの治療になっていたので、再発を恐れノルバデックスからゾラデッ
クスに変更してもらい、月1回腹部に注射する事にした。


【平成16年10月13日 ゾラデックス開始】

体重 46kg   骨密度         0.471g/cm2
           若い人と比較した値   99%
           同年代と比較した値  102%
         

【平成17年10月12日 ゾラデックス開始から1年後】

体重 45kg   骨密度        0.437g/cm2
           若い人と比較した値  92%
           同年代と比較した値  96%          
       


この頃から関節痛が酷くなり、不眠、頭痛、めまい、イライラに悩まされる。
主治医よりプチうつじゃないかとの診断を受ける。
仕事と両立しての日常生活、QOLと再発リスクを天秤に掛けた結果の結論として、
ゾラデックスを15ヶ月で中止する事にした。


【平成18年11月10日 半年無治療からノルバデックス再開3ヶ月経過】

体重 44kg   骨密度        0.422g/cm2
           若い人と比較した値  89%
           同年代と比較した値  93% 



【平成19年2月26日 右乳がん発症 今後の治療に向け現状を把握したく検査】

体重 44.4kg  骨密度        0.438g/cm2
           若い人と比較した値  92%
           同年代と比較した値  98%  



ホルモン療法を強いものに変更した後の無治療、そして対側乳がん発症。
全て自分が納得して自分で決めた事なので、後悔はなかった。

しかしノルバデックスが悪い方向に働く事もある等の学会報告、耐性、etc
両側乳がんになった私はホルモン療法について調べまくった。

自分の身体のホルモン環境が変わる時期でもあり、閉経前後の悩ましい時期だった。
この頃は本当にどのような治療を選択するのがベストか悩んでいた。

半年後に、初めて血液検査によるホルモン値の検査を婦人科で受けた。
これも今後のホルモン療法をどうするか、現状を知るためのものでした。



【平成20年4月5日 右乳がん発症から1年後ノルバデックスで治療継続中】

体重 45kg   骨密度        0.429g/cm2
           若い人と比較した値  90%
           同年代と比較した値  97%  


【平成21年4月8日 右乳がん発症から2年後ノルバデックスで治療継続中】

体重 45kg   骨密度        0.416g/cm2
           若い人と比較した値  87%
           同年代と比較した値  96% 


4ヶ月後主治医よりフェマーラのお話が出る。
生理が1年間なければ閉経とみなすとの事だった。



【平成22年4月14日 閉経確定 フェマーラ+ビタミンDに変更】

体重 記録なし    骨密度        0.439g/cm2
             若い人と比較した値   91%
             同年代と比較した値  103%

測定部位 利き腕     骨面積:5.833cm2   骨塩量:2.562g   
             
  

【平成23年8月6日  フェマーラ+ビタミンDで治療継続中】

体重 記録なし    骨密度        0.408g/cm2
             若い人と比較した値   85%
             同年代と比較した値   97%

測定部位 非利き腕    骨面積:6.104cm2   骨塩量:2.489g   
     



PqHou.jpg  カルシウム入りのウェハースや食べる煮干し、
  ヨーグルト、牛乳、チーズと食品から摂取しようと
  色々試してたが、何といってもカロリーが高い。

  以前のようにガンガン運動してカロリーを減らす事
  が難しい。
  減量の運動となると、かなりハードで故障も伴う。
  そのため摂取カロリーを減らすしかない。
  両方を満たす答えが結局サプリ。
  1日3粒、1粒0.81kcalでいいのだ。



ホルモン療法、閉経、加齢、どれもこれも体重増加の要因がいっぱい。
1日200kcal減らすのは結構大変です。
牛乳1杯100kcal、つい飲むのを控えてしまう。
だからサプリに頼る事にした。

運動で体重減らそうと走ったり自転車漕いだり。
結果膝にきた。

筋トレを頑張ったら、肩が痛くなった。
ヒップアップしようと足首におもりを付け四つん這いで足上げをした。
大臀筋を痛め腰にきた。

やり過ぎてしまったようだ。
自分の年を考えないで10年前と変わらない運動量をこなす。
しかし故障してしまう。はがゆい。はがゆい。

ようやく大臀筋の痛みもよくなりつつある。
だって最近は走らず自転車漕がず。
筋トレも下半身は中止して、もっぱら腕と腹筋を中心にやっていた。

どうしてもウォーキングはかったるくて長続きしない。
いい方法があった。
ランニングマシーンを傾斜10%、5km/hにセットし、ウォーキングする。
普通のウォーキングより負荷が掛かるので、結構カロリー消費する。
山歩きと一緒だね。

故障で走れない、自転車漕ぎ過ぎて膝が痛い方、この方法いいですよ!

7月から大臀筋を痛めていた。
イントラに聞いたらそれぞれで、休めた方が良い、ストレッチした方が良いetc。

だましだましエアロも筋トレもしていた。
体重を掛けた腰が痛くなってきた。
やばい、ここでようやく運動量を抑える決意。

3週間程我慢したらこうして良くなってきた。
焦る気持ちを抑えるのが一番大変だ。
プロのアスリートは忍耐強いと感じる今日この頃です。

へなちょこアマアスリートのガーネットでした!



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  人気ブログランキングへ   
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
まさかの雇用止め、人生一寸先は闇。がん患者のワタクシ、生きてるだけで丸儲け。笑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する