リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
【3月21日】

前の会社の同僚だったKさんとランチ。
今の会社も前の会社の人との繋がりがあったり、同じく早期退職した男性社員とも
連絡を取っているようで、会社の情報を会う度に聞く。

今回は私達が辞めた後、再び大がかりなリストラを行うという話だった。
もう会社を辞めて3年になる。早いな~。
それでも皆その後の会社の行方は気にしている。

私達が早期退職をした時は女子職員が対象だったようで、男性職員は他支店に転勤と
いう形で北海道の規模は縮小された。
その後聞いた話では異動先で退職したり、協力会社に再就職した後で退職したり、残っ
た職員も紆余曲折あったようだ。

その時は北海道だけが縮小の対象で、本社、他の支店では全職員面接もなく北海道で
こんな事になっているのも知らなかったという職員がいた程だ。

しかし今回Kさんの情報によると、全国で数百名のリストラを計画しているという。

今は二人とも全く関係ないのだが、それでもこれから同じ道を歩む事になるであろう
数百名を思うと、3年前よりも震災後の今就活は更に厳しいものになるだろうと想像
できた。


思い出すな~。
会社の目の前をハローワークに自転車で通った事。
支店は営業所規模になるに違いないと噂されていたのに、社名の入った看板もそのまま
で、本当に会社は危ないのか?と思いながら同じ道を通って確認していた。

同僚に窓の外から見られたら嫌だなと思いながら、自転車で駆け抜けた。
でも一度も会う事は無かったけど。(#^.^#)

3年近く経ってからだろうか、ついに社名の看板に白く目隠しされた。
そして支店は引っ越し。
私が28年勤めた会社の事務所は、もう私の目に触れる事は無くなった。

あ~、本当に会社縮小されたんだなーと実感した。


そして今回の話。
しかし計画は震災前の話だったので、今回の震災で計画は変更されるのではないかと
思った。
彼女が話を聞いた相手もその様な話し方をしていたらしい。

家に戻って早速HPを見た。
やっぱりリストラは敢行するらしい。うーん、相当厳しい。
職員数はもはや入社当時の1/4になってしまう。

四半期決算になって修正が細かにされる。
新年度を迎えるにあたって、大幅に人件費の縮小をしなければならなかったのだろう。
それだけ仕事が減っているという事だ。
回復は難しいのだろうか?


今回はチデジカ対策でTVを下見しておこうと思っていた。
Kさんも付いてきてくれてアドバイスを貰った。
パンフを全種持ち帰って検討する事にした。


今回は二人きりであったので、時間も早目に切り上げるかと思っていたのだが、
なんとランチとティータイムだけで4時間も経過していた。

私もすっかり話し好きのおばはんになったようだ。


お~、怖い!


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ 人気ブログランキングへ   
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ
乳がん患者だけど、頸椎椎間板ヘルニアと逆流性食道炎と闘う気満々。応援してチョ!