リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
【1月20日】 M整形外科

頸部MRI撮影を終えて待つ事1時間、担当医(大学病院から来てる非常勤医師)
が10時過ぎにやってきた。
早速MRI画像を見て診断説明が行われた。

撮影は肩から頭部まで写っている横からの画像と、頭部を輪切りにした画像で、
こちらは目玉の位置や脊髄の位置がわかるものだった。

PCに取り込まれていて、角度を変えたり拡大して見る事ができた。


まさかと思っていたが、私もやっぱり椎間板が飛び出して狭くなっている場所が
1ヶ所あった。
第5と第6の間の椎間板だった。
他は奇麗に真っ直ぐだったが、ここだけ1/3~1/2程狭くなっていた。

先生がこん、こん、と私の左肘を叩いた。小指側に痺れが走る。
右はさほど感じなかった。
「何か左手使わなかった?」と聞かれたが、身に覚えがない。
左手は右手よりも普段使わないから。

このチェックと画像で、先生は結果「肘からきているかも知れない」と診断した。
肘?  ちょっとびっくりした。
肘からなんて考えてもいなかった。
痺れた原因は首をぐりぐり回した時だったのだから。

でも肘から指の痺れが出る事もあるらしい。
これは友達のX線技師と、今日行ったS内科の鍼治療してくれてる先生も言ってた。
診断を受けた時はちょっと先生の診断に?だったのだが。。。


Dr : 首の狭くなっている所はいずれ引っ込むと思うよ。

ガ : え、元に戻るんですか?先生、これってヘルニアなんですか?

Dr : ヘルニアかどうかと言われればヘルニアです。
    このまま良くなる事もあるし、悪くなる事もある。
    そうなれば、手術という事もあり得る。


完全にヘルニアとは言えない段階なのか?あまり深刻な状態ではないのかな?


ガ : 先生運動はどうですか?筋トレとかある程度していいですか?

Dr : 今の状態で痺れが取れるまで少し様子見た方が良いと思うよ。
    筋トレも首を使うのも控えた方が良いね。
    あまり激しい運動は止めた方が良い。お薬はどうしますか?

ガ : もう背中も痛くないし、痺れだけなので要らないです。

Dr : じゃあ、これでしばらく様子見てみましょう。

ガ : わかりました。ありがとうございました。


診察室を出ようとした私の後姿に・・・


Dr : 気を付けてね。



初めて先生の診察を受けた時、私と同じ症状を先生も持っていた。
だから私の辛い肩凝り背中の痛みをとても良く理解していて、その症状を言い当てた
説明は納得のものだった。
その時の先生は私より首の回りは良くなかったようだった。

今回廊下を歩いて診察室に向かう先生を見かけた。
足を引きずっていたのだ。
先生、足の痺れがあるのか、痛みがあるのか?


いつもの私なら、「先生の状態はどうですか?」と聴くところだろう。
しかしその姿を見ていた私はこんな冗談も出なかった。
そして、最後に言った「気を付けてね」が妙に心に引っ掛かったのでした。

まるで、”甘くみてたら大変な事になるよ”と言われているような気がした。

頸椎椎間板ヘルニア



それにしても”肘からきてるかも知れない”の言葉が引っ掛かる。本当???
ちょっと信頼性が薄れてきてたのも事実でした。
誰か違う先生に画像診てもらいたいという気がした。


運動制限についての事や諸々、まだ質問したい事があったので、本当は今日(水)
仕事が休みなので整形にもう一度行こうと思っていた。

以前リウマチの検査をした時の先生がスポーツ医の資格もあったので、その先生に
相談しようと思ったのだ。
水曜日の午後の診察だからグットタイミングだ。
しかーし、HPを調べたら、何と運の悪い事にこの日に限ってお休みだった。


そうこうして数日後、肩凝りが始まった。
そして昨日から背中にもまた痛みが少し出始めていた。。。。。


そんな昨日の3時半頃の事、会社で。。。

社長のお母様のお通夜で、お偉いさん方も課長達もお手伝いで早く会社を出た。
出がけに人事課長が「○○、周りの状況みて今日は早じまいしていいぞ、経理も
暇みたいだったし、相談して。どうせ偉い人もいないし」と言って出て行った。

○○係長は「いや~、いいですよ」と言っていたが、経理課長から内線が。
それを受けて営業課長と相談、30分早く帰って良い事になった。

何か連絡が入ったらいけないので、課長クラスは残り下々の者は帰っていい事に
なったのでした。

普段は取締役、専務、部長がずっと席にいるので(ほーんとに、ずっといるんだよ)、
職員も緊張感があるのか、私語があまり飛び交わない職場なのです。
経理に入った派遣さんも、びっくりしてました。笑。


でも、今回お偉いさんが出掛けた途端、営業のおじさんが「何か飲み物買って」と
お小遣いを女の子に渡して残っている皆にご馳走してくれた時で、それから早じま
いの話が出たので皆で慌ててジュースやらコーヒーやらを飲み干したのでした。

買物に行ってた営業の女の子二人は、帰って来たら30分早く帰っていいといきな
り言われて、???だったみたいでした。


さぁってと、5時までなら診察時間に間に合うだろうと踏んだ私は、地下鉄に向か
わず整形外科に向かって歩き始めた。
15分位で病院に着いた。 


当然受付で主治医の先生が良いんじゃないかと言われた。
が、MRIを診てもらえれば話は誰でもわかると思うので、どの先生でも良いと
伝え受付はパスした。

次に看護師さん。

看 : 今日はどうされましたか?

ガ : あーたら、こーたらで・・・運動制限について聞きたい事があるので、スポー
    ツ医の○○先生にしようと思ったんだけど、ネットで調べたら明日お休み
    だったんで。

看 : そうですか・・・でも、やっぱり検査した先生に聞くのが良いと思いますよ。
    スポーツ医の資格はあっても無くても、変わりありませんよ。

ガ : え、そうなんですか。

看 : 明日の午前中はどうですか?

ガ : うーん、明日かー。。。

看 : 今日だとしばらく待つ事になりますけど。

ガ : 1時間位ですか?

看 : まだ患者さんがたくさんいますから、3時間待ちになりますね。

ガ : 3時間!どうしようかなー・・・・・
    じゃあ、今日は止めます。




結局、どの程度の頸椎症なのか、どの程度深刻な症状なのか、それほど神経質に
ならなくていいものなのか、良く分からないまま様子をみる感じです。

今日鍼治療して内科の先生にその話をしたら、先生も肘からくる事もあると言って
たので、あながち整形の先生の診断も間違っていないのかも・・・ 


とりあえず、無理はしない事で痺れが戻るか待ってみる。
本当は数ヶ月後にMRIを撮って、引っ込んでいるかどうか確かめなくていいか
整形の先生に確認したかったんだけど。

今日の所、鍼治療で楽になったようだ。
これもびっくりだが、以前は直ぐには効果を感じなかったんだけど、今日は酷くな
らない内に治療したせいか、帰りに外を歩いた時には背中の痛みも無くなっていた。

いまブログ書いてたら、また張ってきている。
身体は正直だ。。。
20日は乳腺クリニックにも行ったので、またその事は次回に。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ  人気blogRanking    
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
会社勤めしてると時間は大切ですね、ボーとしてるのがもったいない ! でもたまにはボーとして下さいね !
2010/01/27(水) 23:33 | URL | あんぱん父さん #-[ 編集]
あんぱん父さん
真夜中にお返事書いてます。
あんぱん父さんがコメント入れて下さった頃はベッドの中だったんだけど、気付いたら肩甲骨の辺りの鈍痛で目が覚めていました。
タオルの厚さや寝る体勢を変えて様子をみていたけど、寝てるのが辛くて起きてみました。
もう夜明け頃かと思ったら、まだこんな時間だったんですね。(--〆)
夜明けまで長いなー。

ちょっとお酒飲んで騙して寝ます。。。。
3日頑張ればまたお休みだし。
確定申告の時期ですね。またお休みぼーとしてられないです。笑。
2010/01/28(木) 02:54 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
柔かい雰囲気
   ガーネットさん

お仕事や、病院まわり、お疲れ様です。
なんか窮屈そうな事務所環境みたい、
厳しいなかにも、柔かい雰囲気は欲しいですね。

痺れ、痛みが続きそうなの残念です、
自分の経験したぎっくり腰(椎間板ヘルニヤ)みたいに、
あっ治ってきてるのようになると良いのですが、
ハードな運動、素人が考えても骨がずれるの助長するのわかるきします、
夢中になられることなく、くれぐれも適度にしてくださいね。



2010/01/29(金) 09:31 | URL | しろ #-[ 編集]
しろさん
柔らかな雰囲気は・・・・ないですねー。
かと言って、すごく厳しい雰囲気かというとそうでもないんですよ、これが。!(^^)!

ただ、気が休まないって感じかな。
多分私の自意識過剰なのかも。
何かみられてる様な感じ、監視されてる様な感じって言うか、これが派遣という立場にいるってことなのかな。
初めてなので分からないけど。。。(^_^;)

運動はもう前のようにはできないと思います。
年を考えないといけないですね。
過度な運動は身体に良くないですもんね。
内科の先生にも言われました。
今は無治療なので、疲れないように免疫力落さないように気をつけます。(^-^)
2010/01/29(金) 21:49 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
おひさしぶりです
お久しぶりです(^O^)/
痺れがあるんですか!?
うちの嫁さんはその昔寝ているときに手を圧迫してて、しばらくしびれて動かない(力が入らない)ことがありましたよ!!
なんとか神経痛とか言ってたような??
1か月くらいで治ったのでよかったですが・・・
お体をお大事に!
2010/01/29(金) 23:37 | URL | くま左衛門 #-[ 編集]
くま左衛門さん
こんばんわー。\(◎o◎)/!
びっくりだよー。ほんとお久し振りです。
私は状況がすっかり変わりまして、この歳で再就職から4ヶ月経ったところです。

15ヶ月間遊び呆けた身体は、心身共にかなり弱っていたようで、色んなところにガタがきてるようです。(^_^;)
でも、こうしてお仕事できる事に感謝しつつ、愚痴りながらブログもどうにか更新していますよ。
くま左衛門さんのブログ、ちょっと以前と様子が変わりましたね。

また違う面を見せていただきますね。(^-^)
2010/01/30(土) 22:54 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/664-8cb44219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック