リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
昨日の記事の続きです。(8月23日のお話)

J-P0SH どこかで聞いた事、見た事あると思います。
2002年設立、2003年3月に全国初のNPO法人認証を受けた、乳がんの啓発
活動をしている市民団体です。

そう、よくマスコミでも取り上げられており、良くも悪くもブログ等でも話題の多い
ピンクリボン運動を展開しているところです。


「J-POSH キッズ・ファミリープログラム」   松田寿美子

家族で話そうピンクリボンというタイトルで今年もあるらしいです。
私自身はキッズもファミリーも無関係ということで、今迄何の興味も示していません
でした。

そんな中、講演のお話しの中で「お父さん分科会」というものがある事を知りました。
伴侶として、父親として、同じ悩みを分かち合い、話し合うのだそうです。

家族で一緒に闘おうという事でしょうね。
お子さんにどの時期に「乳がん」の事を告げたら良いのか、そんな悩みも小さな
お子さんをお持ちの患者さんはあるんですね。

本人、ご主人、お子さんと一緒にという感じで、様々な形態で参加しているみた
いです。
もちろん独身患者の参加者もOKのようです。
サイトをリンク貼りましたので、興味ある方はアクセスして詳細を確認してね。

キッズ・ファミリープログラム・札幌 家族で話そうピンクリボン


こちらは悩めるご主人方へのサポートです。
患者本人は自分の事で精一杯で、ご主人が患者家族としてどんな事を思い悩んで
いるか、そこまで考えた事が無かったという乳がん患者さん、ご主人に「こんなとこ
ろもあるんだって」と教えてあげたらどうでしょうね。

まぁ、これも私には関係ない事なんですけどね。(^-^) 
大きなお世話でしたか? あははは(●^o^●)

「お父さんネットワーク」


さて、今回の講演で前回の分科会でお話に出た事のまとめが、紹介されてました。
シングルの私には想像できない世界でして、興味深いものがありました。
メモったのでよかったら、読んでみて下さい。( ..)φメモメモ



「お父さん分科会から聞こえること」

○ 孤独です
○ すべてに疲れた
○ 泣く場所が無い
○ 本音をしゃべれない
○ どうしていいかわからない (病気、家事、子供の教育)
○ 子供が不愍でならない (母親に気を使っている)
○ 一生懸命やっても妻からも理解されない
○ 妻は病気なんだからと思って、耐えるしかない
○ ストレス発散の場所が無い
○ 術後の乳房を見せてくれない



この中で補足説明があったんですが・・・・・

○ 一生懸命やっても妻からも理解されない

これに関するお話しが患者さんの分科会からも出てて、「主人は全部やってしまう」
「このぐらい自分だってできるのに」と思ってしまうそうです。
そんな事ぐらいお互いに話せばいいのにと、独身の私はお気楽に考えてしまうので
すが、そうもいかないお互いの思いがあるのでしょうね。


○ 術後の乳房を見せてくれない

こちらは若いご夫婦のお話だったようですが、ご主人は「妻の病気を共有できないで
いる」という思いがあるそうです。


セミナーでは講演の後、患者と医療従事者を交えて、各テーマ毎の分科会でお話し
をする時間がありました。
私は昨年同様「乳房再建」を第一希望にしました。

昨年は定員が少なかったのか、希望のテーマでお話しできませんでしたが、今年は
第一希望に参加する事が出来ました。
でも患者は5名と言ってましたから、少ないですねー。
もっといるかと思っていました。

次回は分科会の模様からセミナー終了後のお話です。

気付きました?そう、まだ続くんですpart3へ。
長くてごめんね、ごめんね~(パクリ) 


  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
783 0(なやみぜろ)
フフフフフフ・・・誰か大事な人を忘れてはいませんか ?
ここに居ますよ・・・夫の鏡、そうです私です。

なんでも聞いてくれぇ !
2009/08/26(水) 16:43 | URL | あんぱん父さん #-[ 編集]
あんぱん父さん
そう、そう、いました、いました。
良きアドバイザーが。(^-^)

男は男同士、そんな話ができる場が必要なんでしょうね。
男の人は大変ですよね。弱音吐けないし、涙流せないし。
男はタフでなければ生きていけない!


2009/08/26(水) 17:20 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
ありがたいことです
こんばんは。

父親、ご主人の悩み、あるでしょうね。

私に乳がんの告知があったときは、夫は日本にいませんでした。
後から聞いたのですが、一人で泣いたと言っていました。
そして、奥様を癌で亡くされた上司がいろいろと話を聞いてくれたそうです。

そのときはなんてありがたいこと、と思いましたが、すっかり忘れていました。
ガーネットさん、思い出させてくれてありがとうございました。
2009/08/27(木) 02:53 | URL | ゆんこ #-[ 編集]
ゆんこさん
私は家族とも離れて暮らしているので、家族がどれほど心配しているか気付いていない
ところがあります。
先日も次姉が長姉に電話で「ガーネット腫瘍マーカー上がったり下がったりしているよう
だけど、大丈夫なの?」って言ってたそうです。
私と電話で話した時は、そんな雰囲気ちっとも出してなかったのに。。。

母は母で、私の再検査の話を聞いたらしく、眠れなくなったとか。
本人はそんなに深刻に思っていない事も、周りは知らないだけにより大きく捉えてしまう
事もあるんだなぁと思いました。

それにしてもご主人の周りにもそのような方がいたという事、本当に乳がん患者がいかに
多いかわかりますよね。
2009/08/27(木) 09:46 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
私も一言・・・
常日頃の行いが悪いので、あまり偉そうなことは言えないのですが、お父さんのボヤキに私なりの感想を

○ 孤独です (なんで?お互い今日の出来事とか話ましょう)
○ すべてに疲れた(でも妻のことだ、頑張るしかない)
○ 泣く場所が無い(男はやせ我慢でかつクールに)
○ 本音をしゃべれない(それは絶対言っちゃだめ)
○ どうしていいかわからない (でもなんとかしなきゃ!してもらいたいこととかちゃんと話をして)
○ 子供が不愍でならない (きっと他人を思いやる立派な人間になりますよ)
○ 一生懸命やっても妻からも理解されない(病気が言わせるんです。仕方ない)
○ 妻は病気なんだからと思って、耐えるしかない(おっしゃるとおり。いつか思いやりが分かってくれるはず)
○ ストレス発散の場所が無い(ストレスってどんな症状なの?ってくらい気にしない図太い根性を持つ)
○ 術後の乳房を見せてくれない(若い旦那さんはつらいですね。もう少しすると気にならなくなりますよ)

なんだかチャラけたコメントですが、私もウチの家内に手術のときは随分と八つ当たりされました。でも乗り越えられるものです。
みんな頑張りましょう!
2009/08/28(金) 16:23 | URL | 測量屋 #-[ 編集]
測量屋さん
>私もウチの家内に手術のときは

えっ!?測量屋さん、これはもしかしたら乳がんの手術・・・・
以前ブログで、病院に付き添ってとか読んだ事あったような・・・
早とちりだったらごめんなさい。

何の病気か何かの検査か分からず、測量屋さんのブログ自体、その手のものではなかったので、突っ込んでお話しを聞けませんでした。
2009/08/28(金) 16:52 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
逆の立場なら妻からこんな意見がでるものなのですかねぇ?
妻の病気より夫のほうが病んでる場合か...

喝!v-412
2009/08/28(金) 20:40 | URL | H.pa #-[ 編集]
ぱーさん
>妻の病気より夫のほうが病んでる場合か...

がははは(●^o^●)

私は残念ながら伴侶というものを持った事がないので、全く未知の世界なのですが、測量屋さん、ぱーさん、そしてあんぱん父さん、皆さんタフですね。

今気付いたんだけど、皆さん技術屋さんですね。(^-^)
多分私の気質もぱーさん達と同じだと思います。

逆の立場なら・・・・想像で・・・
女性は母性があるから、強いんじゃない?子供がいれば尚更。
どっちにしろ個々の性格的な事なんじゃないかなと思いますが。。。。
夫婦の事は想像してもわからん!(>_<)

2009/08/28(金) 22:54 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/595-0937cbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。