リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
昨日の続きです。。。


彼女は私より遅くにクリニックに来た。
綺麗な女性と一緒だった。友達だろうか?
最前列に座り隣りの女性とずっと何やら話している。

私が彼女に気付いたのは採血が終わって待合に戻り、最前列から3列目の席に
座って少しした頃だった。
友達と話している彼女の横顔が見えたのだ。


あっ! 彼女は元同僚の・・・   


似てる。あの顔は確かに彼女に違いない。
隣りの人も似た顔立ち、お姉さんか?
明るく話している雰囲気だし、付き添いか?
いや、本当に彼女なのか? 他人のそら似? 

以前見かけたのは2年前の同僚の告別式の時だった。
声を掛けたいが、乳腺クリニックという場所柄を考えると、見られたくないかも・・・。
それに、もし声掛けて違う人だったら・・・・自信ない・・・本人だろうか?

そもそも声を掛けようにも、名字(旧姓)が思い出せない。。。。(@_@)
一生懸命考えたけど、どうしても思い出す事ができず、そのままエコー検査に入る
までウォークマンを聴いてて、確認取れず。

もし彼女が私の元同僚なら、ガーネットはずっとガーネットだから、検査に呼ばれる
名前で気付いてくれるかも知れない。
私は旧姓も下の名前も覚えていないので、彼女が呼ばれても名前では判断でき
ないのでした。


エコーから戻った私はトイレに行き診察室の前で待つ事にし、空いてる席を見つけ
て腰を掛けた。


「ガーネットさん!」 


隣りから名前を呼ばれた。
横を向いたら彼女が微笑んでいた。。。。
私は全く気付かずに隣りの席に座ったのです。


ガ : あー、やっぱりそうだったんだぁ。

    ずっと似てるなぁと思ってたんだけど、私名前思い出せなくて声掛けれなかっ
    たんだよねー。Tさん・・・・・だったっけ?

P : Pです。

ガ : あっ、そうだPさんだ。(^_^;) ずっと考えてたんだけど・・・・。
    今日は何でここに?自分の事?友達と一緒だったみたいだけど?

P : 自分で見つけて、あれは妹です。



何でも彼女は7年前にここのクリニックに掛かっているらしい。
丁度私が左乳がんを手術した年だ。
その時は今日ほど混んでいなかったので・・・とびっくりしていた。

そう、7年前は今ほど混んではいなかった。
それから2年程してマスコミに取り上げられる事が多くなり、今の様な状態になって
きたのでした。

マンモだけを撮ってまだ診察を受けていないと不安そうにしてたので、先に検査を
してから診察になるからと教えてあげた。
A先生が主治医になるらしい。
「慎重派の良い先生だよ」と伝えたら安心していた。

小さなクリニックなので、ここで手術できるのかどうなんだろうと思ってたらしい。
乳腺で調べたらしく、意外に総合病院には無いと言っていた。
標榜に乳腺外科はないですからね。外科です。(^-^)


ここのクリニックで手術もできる事、放射線は大学病院等に紹介される事等を
話した。

私が診察に呼ばれ戻って来た時、彼女はまだ同じイスに座っていた。
妹さんはいつもこのクリニックで検診を受けているそうだ。

「一緒についててあげようか?」と聞いたら「あっ、大丈夫です」と言ったのでその
まま会計の方へ移動した。
全て済んでもう1度彼女に何か知りたい事あったら相談にのろうと、メアドを教えて
おこうと思い席に行ってみたが、彼女はいなかった。


彼女は私の病気の事どこまでしっているのだろう?
今も同期のYちゃんやUちゃんと会っているから、ある程度は知っていると思うの
だが、私も診察室前では他人に聞かれるのも嫌なので病気の話はしなかった。
二人で会社の話と元同僚達の話ばかりしていた。


彼女は入社から4~5年で退社している。
私とはひと回り以上年が違うと思う。
ふと、もし彼女に最悪の結果が出て全摘なんて事になったら・・・と想像したら、
あんなに綺麗で若い人が・・・・と、想像しただけで悲しくなってきた。

どうか思い過ごしでありますように。


今日同期のUちゃんにメールして、何かあったら相談にのるからもしPさんから話が
出たらメアド教えてあげてと伝えた。
同期でまた食事をするとPさんが言っていたので、その時本人から話が出た場合と
念押しをした。
だって知られたくないかもしれないしね。


なかなか診察のお話にまで辿り着きません。(^_^;)

次回は診察室でのお話です。続く。。。。(*^_^*)



  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
複雑ですねぇ・・・
こんにちは。

これがどこか飲食店だとか、お買いものの途中なら明るくお話ができるのでしょうが、場所が場所ですからねぇ。
ガーネットさんの細かな気遣いを、きっとPさんも嬉しかったと思います。
私もPさんの症状が大したことではないことを祈っています。
2009/07/09(木) 20:11 | URL | ゆんこ #-[ 編集]
癌友
がんセンターで知り合いに会うというのは、どう対処していいかこまりますね、私の知り合い、売店でばったり・・・どおしたの ?
ここで会えば決まってるでしょ・・・今は笑い話ですが、そちらは最初から気づいていたそう、病室が母さんといっしょになってしまい、頼み込み変えてもらったそう、でも父さんが捕まえてしまった。
その時がいちばん落ち込んでいた時だったとか・・・むずかしいょねぇ、病気が病気だすらねぇ。
2009/07/09(木) 22:33 | URL | あんぱん父さん #-[ 編集]
先生3人もまとめて学会なんてこと、あるんですね、、、。
あれだけ混むのに、一人でなんて、主治医も大変だったでしょうね。

知り合いが、まして若い方が同病に、、、。
なんともやりきれないものですね。
「自分で見つけて」ということは、
そういうことなのかな、、、。

診察室でのお話、待ってますぞ。^m^
2009/07/09(木) 22:51 | URL | はーにゃ #-[ 編集]
ゆんこさん
彼女は特別落ち込んでる様子もなく、表情も明るかったです。
だから付添いで来たのかと思ったのです。

7年も前に1度来てたというのは驚きでした。
そんな事もあって、自己検診してたのかも知れませんね。
あの雰囲気では何でもないような気がするんですけどね~。。。
2009/07/10(金) 00:26 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
あんぱん父さん
むかーし、まだ私が大学病院に通ってた頃、ここで寿退社した同僚に会いました。
形成外科に子供を連れてきてました。
話を聞いたら、足の指を手に移植する手術をするとの事でした。

寿退社した子は皆赤ちゃんができたら、会社に子供を見せに来てました。
でも彼女だけは連れてきませんでした。
そういう理由があったんですね。

「会社の人には絶対言わないで!」と念押しした彼女。
気持ちは痛いほどわかりました。
今の時代とはまた違う20年も前の話ですから。
未だに誰にも話していません。

それぞれ人に知られたくない事って、大なり小なりありますよね。v-22
2009/07/10(金) 00:36 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
はーにゃさん
どんなに忙しかっただろうと、可哀想になりました。(^-^)
先生がいない時は、外来の看護師さんは人数減らさないのかな?
しわ寄せって事は、先週は外来の看護師さん暇だったのかな?と思いました。
だから「均したら一緒だね」と言ったんですけどね。あははは(●^o^●)

彼女はしっかりしているから、何があってもきっと受け止められると思う。
妹さんもずっと検診受けてるというし、身内でそんな方でもいるのかな?
何もなければ1番いいんだけどね。
あの日メアドすぐ教えておかなかった事が悔やまれます。
自分の事も話しておけば良かったとも・・・。
2009/07/10(金) 00:44 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
全然記事と関係ないのですが、ガーネットさんを真似して「検索ワード」を見ていたら、
「ガーネット 変な声」というのがありました。
あと、「ゆんこ 暗い」というのも・・・。
いったい何を調べているのでしょうね。
おじゃましました・・・。
明日はいよいよ「診察室でのお話」ですね♪
2009/07/10(金) 01:07 | URL | ゆんこ #-[ 編集]
ゆんこさん2
再びの訪問ありがとうございます。(^-^)
検索ワード、ほんとおもしろいでしょ!
一時期毎日これを見るのが楽しみでした。笑。
以前検査結果の電話を録音した事があって、自分の声が変だったというのを記事に書いた事がありました。
それですかねー。

ゆんこさんのノイローゼとか暗いとか、全然ブログの内容と違うのが面白い。
誰か同じHNの方いるんじゃないですか?( 一一)ジー。。。

面白いお話ありがとう!
2009/07/10(金) 08:18 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/558-9802e8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック