リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
こんなに母の治験に対して記事を延ばすつもりは無かったのですが、皆さんのアドバ
イスがありそこから私も行動したという事があり、やはりその結果を報告しておこうと
思います。

私が検索して情報を収集し終えたのが、24日am1:30の事です。
12時から始めて1時間半経っていたんですね。
1番の気がかりは二重盲検でプラセボがどんなものであるかでした。

とっくに寝ているであろう姉にメールを入れました。
内容としては確認したい事がメインです。

第Ⅲ相試験か?
もしそうなら二重盲検比較試験か?
もしそうなら治験薬とプラセボ(偽薬)のどちらに当たるか、医師も知らされない試験。
プラセボを対象薬とする場合、通常の説明に加えて病状が悪化した場合、その場合
どんな治療をするのか等の説明は受けているか?

こんな内容でした。

日曜の朝から返事待ってたのですが、なかなか返事がきません。
姉もいろいろ忙しいので、まぁどっちにしても日曜日なので確認はとれないだろうと
待つ事にしました。

今日になってもメールも電話も入りません。見てないのか?
電話してみました。
何とメールが届いてないというのです。
私の送信履歴には残っているのですが、こんな事もあるんですね。
再送信して、メールを読んでから姉から電話してもらう事にしました。

検査用語が出てくるので、文字で確認できる方が間違い無いと思ったからです。
その間に私も検索かけたサイトを開いておきます。
電話がきました。


第Ⅲ相試験、二重盲検比較試験で、プラセボ(偽薬)の事も説明を受けていました。
全部聞いて分かっているという雰囲気の話し方だった。

期間は2週間だと言う。それで終わりなんだと。

ガ : 確か近所の人が1ヶ月ぐらい飲んでて、大丈夫だと言っていたのは?
姉 : あれっ?そうだよね。じゃあペースメーカーの人は違う薬だったのかもね。

ガ : プラセボだったとして、そのプラセボは全く薬効の無い物かもしれないんだよ?
姉 : いや、注射の人もいるんだって。ただどれに当たるか分からないって。

ガ : 注射を錠剤に変える為の治験でしょ?プラセボだったら同じ様な錠剤使うはず?
    治験薬とプラセボ(偽薬)と注射の3種類あるって事なの?
姉 : あ、そうか、そうだよねー。。。。うん、そうそう。だから注射の人もいるし、薬の人
    もいるんだって。でもどっちも2週間やったら終わりだって。

ガ : これは実験なんだよ。もしプラセボに当たったら、血液凝固はどうなるの?
姉 : いや~、3つともどれに当たっても治療はするはず、すると思うよ。

姉 : 私だってお父さんや(旦那さん)あなただったら、考えるけど。。。
ガ : 何言ってんの!年取ってるから何が起きるか分からないんじゃない。
姉 : そうなの?

ガ : 心配なのは、今の治療薬と同等かそれ以上の薬だからって言ってたでしょ?
    注射なら認可された標準の治療薬で皆が使っているものだから問題ないけど、
    プラセボに当たった場合どうなのかって事。
    それと、どんな病変になった時に、どんな治療をするのか。

姉 : パンフレットも貰っていて、治験担当の看護師さんがいて「何か分からない事が
    あったらいつでも電話下さい」と言われているから、もう1度パンフレット読んで
    電話して聞いてみるわ。


色々話していると辻褄の合わない所が出てくる。
姉は私の質問に、「・・・・だと思うけどねー」みたいな答えです。
うろ覚えみたい。。。。(@_@;)
だから自分の憶測で言ってるのか、説明受けた事なのか迷う話し方だった。

とりあえずどんな検査かはわかったし、姉も母と一緒に説明を受け母はパンフレットを
じっくり読んだ模様。
母は新聞読んだり、本を読んだりするのが好きなのです。


姉と話し終わったのが今朝9:30。
直ぐ電話したらしい。10:00頃に電話がきた。
看護師さんの説明を受けたようです。

プラセボに当たっても、術後の血液凝固防止剤は必ず使う事になっているので、全く
無効の治療はしないそうで、入院期間中の2週間で終わる事。

どんな病変かと言うと出血だそうです。
7月までの試験で、今まで307人の参加数で500人ちょっと満たされないと試験とし
て成り立たない。
重篤な病変の患者さんは出ていない。いつでも止められる。

今回は85歳以下の患者が対象のようです。
今まで、心臓、股関節とやってきて、今回は膝関節という事でリウマチ患者の参加が
多いと言う話でした。

この治験で亡くなった方はアメリカの25歳の男性1名だそうです。
脳出血が今迄で25名で、重篤なものではないと聞いているようです。
重篤じゃないって、どこまでなんでしょうね?


色々話した後で姉が言った一言。「前も同じ話聞いてたかも知れない」
はぁ??? 

母はなぜ治験に参加しようと思ったんだろう?聞いてみたい。



  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
治験って
治験って、受けられる人はいいな~と思っていましたが、そうでもないようですね。

自分は田舎に住んでいるので治験なんてまず受けられないよ、なんて思っていて調べもしないものぐさです。

お母様の事とはいえ、相変わらずの勉強家のガーネットさんには感心します。

またまたすごく為になる記事でした。
2009/05/25(月) 22:30 | URL | ダイスケ #-[ 編集]
ダイスケさん
こんばんは。
私も何も知らない時は治験って最新の治療を受けられるからと、プラス面ばかり考えていました。

色々調べて姉に確認してもらい、これなら受けても良いかなと思えるようになりました。
特に第Ⅲ相臨床試験になると、かなり安全性が高い事が分かりました。
私も勉強になりましたよ。v-221
2009/05/25(月) 22:47 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/514-36cc02e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック