リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
父の四十九日が済んだ。

母は父を見送ったからと、今度は自分の事を考え始めたようです。


UrOWtX_n.jpg




リウマチの母は膝の手術を勧められていたが、しないと断っていた。
年だから手術をしてもその後のリハビリ等を考えると、どうかなとは思っていた。
母の手術をしないという選択は、懸命な選択かもしれないと思っていました。


今まで大きな病院に毎月2人で診察を受けに出向いていた。
父の入院、そして父が田舎の病院への転院を決めた時、母は自分もこれからは
リウマチ専門医を離れ、田舎の病院で診てもらうと言い出した。

リウマチは専門の先生じゃないとダメだと言っても、父を家に残して留守にできない
と思っていたのでしょう。
今まで診てもらい、ようやく病状を把握してお薬の調整もできて、痛みの苦しみも
良くなってきているのに・・・・・と説得してみたがダメだった。

先日の電話では、その時はどうにかこうにかやっていけると思っていたと。
しかし今、歩くことがままならなくなり、少しでも状況を良くしたいと考えるようになった
ようで、また以前の病院で診てもらう事にしたようだ。

手術できるなら今は手術をしたいと思っているようです。


私はリウマチ患者ではないけれど、似た症状で20年間苦しんできた。
10歳~30歳まで・・・その頃の静脈注射で私の右腕の大きな血管は潰れています。

動けなくてもいいから、母を痛みから解放してあげたい、その状況ができているのに
なぜ自ら・・・・と思いましたが、今回の電話でやっぱり父を思って自分を捨てていたの
かなと思った。

「やっぱり○○先生に診てもらってた方が良かったでしょ?」 「うん・・・」


そんな訳で父の四十九日を終え、兄の月命日の供養も済んだ日の午後、姉と母は
飛行機で函館へ向かいました。
直行リウマチ専門医のクリニックへ行き、週2回注射に通いお薬も2週間毎の処方で
様子を見ていくようです。

去年6月以来の診察だったそうですが、手術できるか紹介状を書いてもらい総合病院
の先生(以前手術を勧めた先生)の診察を受ける予定とのこと。

しかし、その先生が異動していないとも限らないので、まだ先の事は決まっていない。


その日の母はとても元気で、クリニックの帰りには姉夫婦と車であちこち行ったようで
すが、夜もぐっすり眠れたと言っていたそうです。(^^♪

よかった~。夜眠れてると聞いただけでもホッとする。

処方されてるお薬もやっぱり違うようだし、これは分かっていたことだけど・・・・。


私もそうだけど、自分の症状の変化って意外と気付かない。
メモしていないと1週間前からだったか2週間前からだったか・・と記憶が定かでない。

慢性病の場合、昨日や一昨日、1週間前、1ヶ月~3ヶ月前までの変化はあまり大き
なものじゃないと分からない。
毎日似たような症状を繰り返していると、昨日と今日の変化は同じになる。

自分の体重の変化は、自分では毎日見ているので意外と気付かない。
だけど何ヶ月何年振りに会った人は、その変化にすぐ気付く。

長く患っている方は、半年前、1年前の自分と、現在の自分を比べてみる事も
必要かもしれない。


母は、父の百ヶ日にいったん帰り、供養が済んだら姉の元で暮らす事になった。
「いつでも家には帰れるんだから」と言う姉の言葉と、もう今までの自分とは違ってきて
いる事を母もようやく気付いたようだ。

田舎を離れる決心がついた事は、本当に良かったと思う。
家はそのままにして、いつでも皆が帰れるように残しておく事にしている。

母の余生が痛みから解放されて、田舎にいた時より楽しいと思えるよう、これからは
姉のところにももう少し頻繁に顔を出そう・・・・・。
そんな事を考えてた今日この頃です。



  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
ガーネットさん、泣いちゃいました・・・。
お母さまはご自分を捨てて、お父さまのそばにいようと決心されたのですね。そのお父さまが先に行かれてさぞ気を落とされていることでしょう。
でもお姉さまやガーネットさんがそばにいてくれて安心されたのだと思います。「ぐっすり眠れた」にほっとしました。

お母さまのリウマチ、いい治療が受けられるといいですね。
2009/03/16(月) 18:56 | URL | ゆんこ #-[ 編集]
おつかれさまでした
   ガーネットさん
 四十九日お疲れさまでした。
お母様の直ぐ側に理解者いるのは大きな支えになリ、きっと痛みもやわらぐと思われ専門医に行くことで みとうしも良くなりそうでよかったですね。ガーネットさんが、頻繁にのぞかれることで心の和らぎも二乗になりますですよね、

>毎日似たような症状を繰り返していると、昨日と今日の変化は同じになる。

 そうですね、そういうとこ当の本人はナカナカ気づきませんです、とても参考になりました、有難うございます

                        しろ
2009/03/16(月) 20:00 | URL | しろ #-[ 編集]
人それぞれの立場
ガーネットさん、こんばんは。
紆余曲折を経てお母様が最良の選択をされたご様子。
お母様は自身が重い病を抱えていらっしゃったからこそ、お父様のそばを離れられなかったのでしょうね。
日本女性の奥ゆかしさを感じ、夫婦の絆の尊さを知ることができました。
人はそれぞれの立場で物事を考えていくので、どの人の判断が正しいか、なんていうことは一概には決められないですね。

それにしても、年老いてから住む所も変える決断をされたお母様は立派ですね。

僕の父などはコーティングされたフライパンを洗って乾燥させる際、いまだに鉄のフライパンと同じに考えて、コンロで焼き付けて乾燥させていますよ(-_-;)
「あぁ父よ!偉大なる昭和の男よ!!」
ってな感じです。トホホ・・・
2009/03/16(月) 21:40 | URL | ナースれんたろう #-[ 編集]
ゆんこさん
病気がちになってからは、いつもお互いに二人で一人前だと言ってました。笑。
母はしっかり者だから、これからは自分の事をきちんと見つめて、治療に専念してもらえたらと思っています。
ゆんこさんは泣いちゃったなんて、優しすぎる~。
ありがとうございます。(^-^)

2009/03/16(月) 22:51 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
しろさん
私は本当に親不孝な娘です。
一番親に心配かけているでしょうね。
これからはもう少し、顔を見に行ってあげないといけませんね。

こんな私に、どんな親孝行ができるかわかりませんが、せめて気長に話を聞いてあげるだけでもいいのかも知れませんね。
まぁ、私が元気でいる事が一番の親孝行かも知れません。(*^_^*)
2009/03/16(月) 23:06 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
れんたろうさん
夫婦って深いものなんですね。
私には分からないけど。。。
母は本当に父の事を第一に考えていたのだと思います。
父は幸せ者です。
晩年はいつも母に「ありがとね」と言っていたそうです。
母には、この先はもう痛い思いをしないで、安らかな日々を送って欲しいと思います。

れんたろうさんのお父さんかわいいじゃないですか。
ちゃんとフライパンを乾かしてしまうなんて。(*^^)v
2009/03/16(月) 23:17 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
注意して下さいね
親の介護の年齢になってきたんですねぇ、同級生。
連れ合いが無くなると一気にぼけますよ !
姉妹仲良く、お母さんに接してあげて下さいね。うちはもめたけど・・・。
2009/03/17(火) 07:59 | URL | あんぱん父さん #-[ 編集]
おはようございます
もう四十九日が過ぎたのですね…お疲れ様でしたm(_ _)m
お母様の治療が上手くいき、症状が改善されるといいですね。
私の実家は車で1時間ぐらいなんですが、タイミングが取れず月1回帰るぐらいかな(^^;でも今は姉夫婦、妹夫婦(子供二人)の大所帯なので騒がしいですが、両親ふたりっきりではないので少し安心しています。それでもたまには顔を出さないとね(^^)
2009/03/17(火) 09:38 | URL | 三毛猫 #-[ 編集]
あんぱん父さん
こんにちは。同級生。v-221
連れ合いが亡くなると、一気に弱るとは聞いた事ありましたが、ぼけるんですか!
今んとこ家計簿みたいなものをつけたり、日記のようなものも書いてるようなんで
すけどね。
記憶力は私より良いけど・・・そういうものなんですね。
注意して見ていないといけないですね。
ありがとうございます。v-22
2009/03/17(火) 11:54 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
三毛猫さん
いくら近くても月に1度の訪問は偉いですねー。
夫婦二人きりの生活でないと言うのは何よりですね。

姉は理容室もやってるし、お茶を教えたりと時間的にももいろいろ大変だと思うので、その辺のフォローもしていかなければと思います。
近くに妹夫婦もいるので、私よりは頼りになるでしょうけどね。(*^_^*)
2009/03/17(火) 12:15 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/459-71909670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。