リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
昨日の記事の続きです。
婦人科の診察は4日(水曜日)11時の予約でした。

まずは総合の受付に予約票と保険証、診察カードを提出。
「ガーネットさ~ん、今回がん検診がありますのでこの封筒に住所書いて下さい」
もう1年経つのか。早いなぁ~。。。
検査結果は2週間後に郵送されます。


11時5分、受付終了。
2Fに移動して診察を待ちます。4~5人の方が待っていました。
産科を閉鎖してから患者もかなり減ってる感じがする。
先生も余裕持って診察出来るみたいで、いつも時間を掛けて説明してくれる。

看護師さんの問診を受けて検尿カップを貰いトイレに。
1時間ほどして・・・・

看 : ガーネットさん、トイレは済んでますか?
ガ : はい。
看 : オシッコは?
ガ : あっ、採って置いてきました。
看 : どっち(のトイレ)で?あっち?こっち?
ガ : こっちで、あっ!もしかして下に置きっぱなしかも?

検尿カップを窓口に出してませんでした。ぼ~としてる。。。。すいません。。。。
そしてエコー検査に呼ばれました。


が~ん またしてもパブロフの犬に・・・

今回もまた間違って上脱いじゃった。
でもカーディガン脱いだところで気付いた。
でかける時も洋服を決めるのに、そうだ婦人科だから上は脱ぎやすい物じゃなくても
いいんだ・・・と思って選んだのに。


Dr : ガーネットさん診察でーす。
ガ : はい。

先生のつぶやきが聞こえる。
「ちいさくなってるかなぁ~」 「心配だなぁ~」・・・・・
何か機器を使って1度目終了。。。 

看 : 今、顕微鏡で見てますのからね~。(先生がカンジダ菌を調べているらしい


先生が戻って来て、再び診察で今度はエコーだ。
エコー掛けながらお腹をグイグイ押す。いつもはこんな事しないんだけど。 
これで2度目終了。

3度目はがん検診の為細胞摂取。そしてカンジダ用のお薬を入れて終わり。



内診が終わり30分程で診察室に呼ばれた時、待合室には誰もいなかった。
私が午前中は最後の患者らしい。12時半になっていた。

Dr : これ見て。これが3ヶ月前でこっちがその前。これは今回ね。こんなに違う。
    子宮は大きくなっていないね。元に戻ってる。

ガ : 小さくなってるって事ですか?

Dr : そう。12月の時は大きくなってたんで、心配してたんだよね。

ガ : 先生、実は1月に腫瘍マーカのNCC-ST-439が上がって・・・

Dr : ちょっと待って、エヌシー・・・・ (カルテにNCGと書いてた)

ガ : NCC-ST-439です。基準値が7以下なんですけど、いつも20とか30は
    あったんですけど、1月の検査で100を超えていたんで、2月にもう一度検査
    したんです。
    そしたらその時は39に下がってたんです。 何か関係あるんですかねぇ?

Dr : 関係あるかも知れないね。


偶然の一致でしょうか?
12月に子宮が大きくなり、3月には元の大きさに戻っていた。
1月に腫瘍マーカーがぐ~んと上がっていたのが2月の再検では下がっていた。
何も治療した訳でもないのに不思議だ!私の身体で何が起こってたんだろう?
この事はY先生にも話しておこうと思う。


Dr : おりものは気にならない?

ガ : おりものシートは外せないですね。
    ここ1ヶ月ぐらい前から気になる感じですね。

Dr : そうでしょ、ばい菌が暴れてるの。痛いとか痒いとかない?

ガ : それは無いです。ばい菌ですか!何でだろう?

Dr : 膣錠を出しておくけど、1日に2種類は出せないのよね。
    昨日の日付で1つ出していい?

ガ : はい、いいです。

Dr : 膣錠もねここ10年ぐらいなの、患者さんが自分で入れられるようになったのは。
    それまではどんな事があっても病院でなきゃダメって言われてたのよ。
    どうしようかなぁ、難しいなぁ、ハイセチン使うとカンジダがぶわ~と出ちゃうから
    どっちも上手くいくように考えないと・・・・あ~たら、こ~たら・・・・。
    よし、これでいきましょう。ちょっと汚なくなっちゃったけど・・・。


ryLpkH_p.jpg

ハイセチン膣錠エルシド膣錠を1週間後から同時に週2回のペースで7回使う。
その後エルシド膣錠のみ7日間続けて使う、という処方になった。


Dr : じゃあ今度は6月で。3ヶ月後に調べる意味はあると思うよ。どうなっているか。

ガ : はい。わかりました。
    先生これ皆さんと一緒にティータイムにどうぞ。( お土産を渡す)

Dr : あら~。  (とっても嬉しそうにしてくれ会釈してくれた)

ガ : あ、そんな大それた物ではないですから。プリンですから。



調剤薬局でお薬を貰う。
薬剤師さんに「抵抗力なくなってるのかなぁ」と言われた。ショック!


さて、この日は帰りも歩いて帰ったので、帰りの出来事はまた明日。。。。。


  
  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
間違って上着を脱いじゃったの、わかります。
私もリュープリンの注射をおへその横にするので、おなかだけ出せばいいのに全部脱いだことがあります・・・。

お薬が増えると、どれかが効いていないような気がして、不安になりませんか?
ところで、ガーネットさんは北国の方なんですね。雪が積もっているの・・・。
2009/03/06(金) 20:16 | URL | ゆんこ #-[ 編集]
ゆんこさん
体験者でしたか!v-410
私もしょっちゅうです。
乳腺クリニックでジーンズ脱いだ事もあります。爆。

お薬が減って不安になる事はあるけど、増えて不安はないかも。
不安よりも、副作用を抑える為にまた違うお薬を使わなくちゃいけないから、どこか一つ健康を害すると多方面に支障があるんだなぁって思います。
私は北海道に住んでます。v-276v-258

ところで、今日ついにパスタ料理しました。
どっちのソースも試しましたよ。
おいしかった!ヤミー。。。v-411
明日の記事でスペースがあれば掲載、なければ翌日に単独の記事にします。
私のブログ思いついたままに書くので、いつもとりとめもなく長くなってしまいます。v-392
2009/03/06(金) 22:26 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/06(金) 22:47 | | #[ 編集]
2009/03/06(金) 22:47 さん
こんばんは。訪問ありがとうございます。v-411
質問にお答えしますね。

もし筋トレをしないのであれば、言う必要はないと思いますよ。
私は術後のトレーニングメニュー(リハビリメニュー)を作ってもらう時、病気の事と重い物を持ってはいけないと言われている事を伝えました。
それまでダンベルを両手に持って、腰を廻しながら両サイドで振るという運動をしていたので、それは止めなくてはいけなかったし、それに類する運動を違う方法でしなくてはいけなかったからです。
メニューもそれぞれの体力に合わせて作るので、病気の事を知らないでメニューを組むのは危険です。

それと私は全摘でしたので、更衣室で裸になると皆に胸のないのを見られちゃうんですね。
それは見た人もびっくりするでしょ。
だからジムで一番上の人(チーフ)にメニュー作ってもらってたので、更衣室のロッカーも壁際にしてもらうためにも、病気の事を話さなければならなかったのです。

その上私の場合はイントラが理学療法士で、術後のリハビリの仕方も教えてもらったので、イントラにも話しました。
親しい人には大体話してますね。

顔見知りの人がいるんだったら、いつの間にかそういう話は広がってしまうので、信頼のおけるスタッフにだけ話したらどうでしょうか。

スタジオレッスンだけ取るのでしたら、自分の体調に合わせて自分で管理できますから、誰にも話さなくていいと思いますよ。

無理をしないで、徐々に体を慣らして下さいね。
きっと楽しくなりますよ。頑張って下さい。v-221
また私で分かる事ならお答えしますので、お立ち寄り下さいませ~。。。
2009/03/06(金) 23:21 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
婦人科
女医さんだと話しやすそうでいいですね~
私はv-100の紹介でかかってます。

そう 先日の鯖料理~美味しそう
あの~ ずうずうしいお願いなんですけど・・・私 トマト系が好きで(パスタでもスープでもなんでも)今度そんなレシピ何か教えてくださいv-271
2009/03/07(土) 08:14 | URL | おちゃわん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/07(土) 08:48 | | #[ 編集]
こんにちわ。
えーっと、
その絵は3歳児が描いたんですか?(笑)
医者はみんな字が汚いと思ってましたが、まさか絵までとは。
こういうのを見せられると、字も絵も下手くそなわたくしとしては自信がつきます(笑)
2009/03/07(土) 10:50 | URL | COFFEE17 #HfMzn2gY[ 編集]
多剤併用療法
ガーネットさん、こんばんは。
病状の変化が起こると不安になりますね。特に変化の根拠がはっきりしない場合には。
せっかく良くなっているのに、なんとなく首を傾げてしまう。
次の検査でより良くなってればいいですね。
複数の薬剤を変則的に使用するのは、自己管理が大変ですよね。在宅療養を患者に要求する医療体制は今後も続くでしょうから。
医療水準が上がるほど、治療方法が複雑になるほど、患者の側もますます勉強しなければならない。
確かに必要なことだけど、なかなか大変ですよね。
2009/03/07(土) 17:59 | URL | ナースれんたろう #-[ 編集]
おちゃわんさん
病院の紹介だと安心できますね。
レシピの件、了解しました。v-221
確かUPしてたよな~と思って確認してみたら、写真はUPしてたけど、レシピ載せてなかったみたい。
この間姉に教えたら好評だったので、近々UPしますね。v-410
2009/03/07(土) 22:32 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
2009/03/07(土) 08:48 さん
がんばってね~。v-422
2009/03/07(土) 22:42 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
COFFEE17さん
あれっ、里帰りしてる。ククク・・・v-410
これは先生が書きながら処方を決めてたんだけど、途中でもっと効率的な処方を思いついて赤で分かるようにしてくれたんです。

楕円と丸は錠剤の大きさを表して、間違えないようにしてくれたんですよ。
これはその場で聞いていないと、この絵だけだと分からないでしょうね。
それでも丸の錠剤を書いた時「そんなに大きいんですか?」って聞いたら、本物を見せてくれて、「こんなに大きくなかったね。このくらいかな」って書き直してくれたんですよ。v-392
2009/03/07(土) 22:52 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
れんたろうさん
多剤併用で処方がまちまちだと本当に大変だと思います。
母はリウマチなのですが、私でも複雑な処方でした。
でも毎日飲んでる本人はきちんと把握してたけど。
種類も5種類はあったと思う。
1人暮らしのお年寄りは間違えて飲んでる人もいるかも知れませんね。

膣錠は「これ入れるの難しいんだよね」と言ってる年配のご婦人がいました。
確かに年取ってたら関節も固いから大変かもね~。
でも、その度に毎日病院に行かなきゃいけなかった時は、婦人科のお医者さん
も錠剤の挿入だけで時間取られるのもどうかなと思いますね。
そんな事も制約があったから、産婦人科の医師は大変だったんだと思いました。

糖尿病患者さんは、自分で血糖値計れるしインスリンも打つでしょ。
本当に自分の病気を知ってないと、管理大変ですよね。

抗がん剤使って自宅に戻って副作用が出ても我慢して・・・
それが副作用でいつか治まるのか、別の症状なのかと不安になって・・・
そんな患者さんは、体験者のブログを読んで不安を打ち消している方も多いの
だろうと思いますね。
2009/03/07(土) 23:13 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/451-925ab778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック