リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
≪リアルタイムなお話’08.11.17≫

先日、13日(木) 上野直人先生にお会いする事ができました。

えっ、上野先生って?・・・と思った方。


先生は、米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター准教授で、腫瘍内科医です。
専門は乳がん、骨髄移植、腫瘍分子細胞学、卵巣がん、遺伝子治療、腎臓がんです。


詳細はこちらへ → Profile


ネットで検索してみて下さい。
キーワードは 【上野直人 MDアンダーソン



がん治療に携わっているお医者さんであれば、MDアンダーソンと聞いただけで
研究発表や臨床試験の情報公開等で馴染み深いものでしょうが、我々一般人では
ピンとこないですよね?


その一般人の代表のような私が、何故このような著名な先生にお会いする事が
できたか、皆さん興味あります? あるよね。。。きっと。
もう何度かブログで書いてますが、初めての訪問者の方の為に再び説明しますと。。。


それは偶然の出来事だったのです。
タモキシフェン耐性とは?
これについてネット検索していたんです。


検索ってダイレクトにお目当ての記事に入る事もあれば、そこから脇にそれてこの
情報も入ってみようかって事、結構ありますよね。

私もちょっと脇にそれて新薬のワードで検索かけた時に、ヒットしたHPがあったんです。
それが『チームオンコロジー.Com』というHPの中の一般用掲示板だったのです。


HPは、今迄訪問していた物とはちょっと趣が違う感じで、とってもアカデミックだった。
今はちょっと改善(?)されて入り易い雰囲気になってますけど、一年前はかなり
学術的な雰囲気を醸し出していたHPでした。



その掲示板にはこう書かれていました。

一般の方(患者さん、家族、その他)向けの掲示板では、主に患者さんと医療者、また家族とのコミュニケーションの話題を中心に意見を交換する場としてご活用ください。またこの掲示板は、診断および治療の相談は受け付けておりませんことを予めご了承ください。


なるほど。意見交換する場であり、セカンドオピニオンをとる場ではないと。
私が知りたかったのは・・・。
【タモキシフェン耐性は左右どっちの胸、そもそもタモキシフェン耐性って何?】


無知な私は抗がん剤(点滴)の耐性は理解していましたが、抗ホルモン剤は別物の
イメージがあったんですね。
耐性ができるってどんな薬でも長く続けてるとあるんだけど、この時はそこに考えが
及んでなかったのだと思います。



多分日本語で質問して日本語で答えてくれるんだから、もし回答もらえるとしたら
日本人の先生だよなぁ。。。

コメントの回答名で上野先生が回答しているんだと分かりました。
そして内容が乳がんに関する事だったので、乳がんの専門医だろうと想像しました。

きっと写真のこの人が上野先生だな、やさしそう。。。
とりあえずダメ元で投稿してみよう!で、投稿しました。

何と回答があったんですよ!
それも次の日くらいだったか、とにかく早かったです。



そのやりとりで先生の優しさに触れまして、いつかブログを開設したら先生が力を
注いでいるチーム医療の推進に少しでも役立ちたいと思い、こうしてブログの冒頭
で、『チームオンコロジー.Com』のリンクを皆様にお願いしているという訳です。

そんなご縁があり、先生が気を遣って会って下さったのです。



先生の事をもっと詳しく知ったのは、先生が病気をされた時何か情報がないかと
ネット検索を掛けた時でした。
だからしばらくの間、私は先生が著名な先生である事を全く知りませんでした。


もしあの時、私が上野先生について詳細な情報を得ていたら、怖気づいて投稿
なんてしてなかったかも?  



上野先生は、2008年11月14日(金)~16日(日)2泊3日で開催された
北海道でのワークショップの為に日本に戻っていたのですが、13日にお時間を
作っていただきました。
先生には、お忙しい中貴重なお時間をさいて頂き、感謝致します。


もっと緊張するかと思ったら、全然緊張しなかったんですよ。
まるで前から知っているような雰囲気で、実際お会いするのは初めてなんですが、
コメントのやりとりだけでも対面していると同じなんでしょうか?

皆さん患者さん同士、ネットで知り合った方とオフ会とかしてるようですが、私はそんな
経験もないので、皆さんが初めて逢った気がしないとよくブログで書いてるのを見て、
きっと皆さんが社交的なんだわとか、患者同士だから、と思っていました。

でもどうも違うらしい。
患者同士じゃなくても、初対面でも緊張しないで話せるもんなんですね。
上野先生は私の主治医と同じ様に、話し易い雰囲気を持っている方でした。



チーム医療、チームオンコロジーについてもっと知りたい方は、
こちらにアクセスしてみてね。 → 『チームオンコロジー.Com』

こちらは上野先生個人のブログです。 → 『がんのチーム医療』



長くなったので、続きはまた次回に・・・。



  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

チリも積もれば山となる。ぽちっ (^o^)丿今日も応援あがとうございま~す。
がんのチーム医療には患者の参加が不可欠です!

コメント
この記事へのコメント
ガーさん
先生と会うのに
ロボット歩きしなかったか~?
チト心配だったもんで...v-388
2008/11/17(月) 21:24 | URL | Himawaripapa #-[ 編集]
ぱーさん
大丈夫ですよ~。v-218v-411
だってそんなリスキーな事ガーがする訳ないじゃないですかぁ。
ちゃんと違う5cmのヒールだったので、モデル歩きできましたよーって、
これは嘘だけどね。v-16ブヒッ
いつもと違うフォーマルなガーでしたよ。。。。

7cmヒールはもっとカジュアルな装い用です。まだ練習が必要です。
しかも絶対余裕の青信号じゃないと横断歩道は渡れません。ははは。。。
アイスバーンでは絶対履けない。骨折覚悟じゃないとね。
なんかあまり履く機会ないような気がするですよ。。v-407
2008/11/17(月) 23:04 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
ガーさん、すごいですね。
上野先生とオフ会!v-405
続きを楽しみにしていますよ。v-398
2008/11/17(月) 23:44 | URL | はーにゃ #-[ 編集]
はーにゃさん
今、はーにゃさんのとこお邪魔しようと思ったら先越された。(笑)
これもオフ会なのかな?
これだけ書くのに結構時間掛かりました。
明日もがんばって書きます。v-221
2008/11/17(月) 23:53 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/18(火) 08:38 | | #[ 編集]
Re管理人のみ閲覧できます
ご連絡ありがとうございます。
ブログの方にお返事入れさせていただきました。感謝。v-22
2008/11/18(火) 10:28 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/18(火) 15:58 | | #[ 編集]
Re管理人のみ閲覧できます2
行ってきましたよ。
いろいろ教えて頂きありがとうございました。
大変参考になりました。v-318 v-410
2008/11/18(火) 23:20 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
ありがとうございます
先日はあっていただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。チームオンコロジー関係の日本人医療従事者は新しい患者の中心の医療でがんばっておられます。応援をお願いいたします。
2008/11/20(木) 06:41 | URL | 上野直人 #vY1T7d6c[ 編集]
上野先生
ワークショップ無事終了、お疲れ様でした。
帰国されて溜まったお仕事を捌いているんだろうなぁと想像しています。
こちら昨日から雪で、外は銀世界です。v-276v-276v-276
先生は寒い寒いと仰ってたので、丁度いい時に帰国されましたよ。v-411

ガーネット微、微、微力ながらこれからも応援してまいります。
いつか満開の花が開く事を願いつつ。v-221v-411 v-22v-22v-22
2008/11/20(木) 08:34 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/364-c69e404c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。