リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
2007年3月4日(日) ≪術後5日目 回診Y先生≫ 

 am5:00
眠剤を12:00に飲んだので5時間近く眠った。
途中で何度か目が覚めたが、ずい分今日は眠れて楽だった。
皆それぞれ眠剤を飲んでたので、それなりに眠れているようだ。

 am7:00 検温

ガ : 今日抜けるかな?

看 : そんなに溜まってないよ。

ガ : だって前に比べたら腕上がっているから、全然動かしてないもん。

看 : ある程度動かしていないとリンパ液の溜まり易い人がいるから、抜いてから
    溜まるより動かして、今の状態を見た方が良いと思う。


私は傷のミミズバレが怖いので、動かさなくていいんならリハビリしなくても腕は上が
るし、そのままで3ヶ月過ぎたらリハビリも始めればいいかと思っていたんだけど、その
辺はどうなんだろうか?

昨日の夜の話で今日はY先生だから、ちょっと色んな話を聞いておいた方が良いかも。


 am10:30 回診
Y先生で一緒に付いてた看護師さんは、術後一日目の看護師さんだった。
ドレーンを抜くと先生が言ったんだけど、23ml だったらしい。

そして 『月曜日か、火曜日に退院できる』 と、いきなり言われた。
誰か私が早く退院したいと言ってる事を伝えたのかも知れない。
良かった。

『妹と相談しないといけない』と言って、先生には後から他の回診をしてる途中で
見かけた時に『火曜日でお願いします!』と伝えた。

火曜日は手術日だから先生の手術の前後にお話があるかも知れない。
急に忙しくなってきた。
Mちゃんにも電話しなくっちゃ。(仕事を引き継いでくれている人)

 am11:15
Mちゃんに電話したら何やらインフルエンザに掛かって、27日から休んでいるらしい。
それで見舞いにも行けなかったと恐縮していた。
それどころじゃなかっただろうに。
Nさんもインフルエンザで一週間休みを取ったらしい。

『今日管が抜けて、火曜日退院して良いと言われた』と言ったら、
とってもびっくりしていた。

Mちゃんは月曜日から出るかもと言っていた。
★結局私が入院中は彼女も会社を欠勤していた事になる。

次回へ続く。。。。


≪’08.10.15(水)の出来事 ~ リアルタイムなお話≫

15日の斡旋会社面談がMちゃんと同時刻だった。
メールが入ってたので時間があったら逢おうと返事していた。
彼女の担当者は話がいつも長いとの事で、ちょっと待ってから食事に行きました。


プレートランチ  本当は違うレストランに行きたかったんだけど、
  例によって出発点が違うので同じ終点でも着か
  ないのが、方向音痴の方向音痴たる由縁です。
  とりあえず目に付いた場所に入った。
  カニグラタンとパスタ、ミニサラダ、スープ付。
  まずいわ、冷めてるわで全くの外れ。
  おまけに味うす~。病院食か
  量も少なくて腹7分目。物足りない。

Mちゃんは五目あんかけ焼きそば。美味しそー。
980円なら無職でも払えると、先輩風ふかせて一緒にお会計。チン。

色々彼女も悩んでいるらしい。。。
仕事はできるんだけど、ウジウジでバリバリ行動起こす性格ではない。
本人も自覚しているのだけど、自分からあまり聞くと言う事がないようだ。

担当者によってレクチャーの進め方も違うようで、こちらが主導権を握って進めないと
堂々巡りの事になってしまう。

私の場合は逆に担当者が「後はいつ行動起こしてくれるかなんだけど」と
言われている。
で、私は「2月までは全く動く気も無いし、これから益々厳しくなってくると思うから、
今急いで悪い条件で就職する気はないし、期待もしていない」と答えた。

ただ下準備は進めたいので、求職情報は今いくら出されても意味がないし、聞いても
無駄なのでそれはいいからと断り、履歴書の書き方、面接の受け方の資料を貰った。

とにかく失業保険が切れるまでは、条件を最低ラインに置く事はしない。
また切れてもすぐ次が見つかるなんて甘い考えも無い。


再就職をしたKさんも、いざ就職したら出向だったり部署も最初と違い他部署へ手伝い
に行かされたりと、これから先が見えないと話していた。

間に入った人の手前、2~3年は我慢するつもりのようだ。

食事の後Mちゃんに今日のレクチャーの話をし、履歴書用紙を渡した。
これは私が次回面談までに書いてチェックしてもらおうと思って、斡旋会社に置いてる
のを2~3枚持って来てたので、Mちゃんにもやってみたらと話したのでした。

履歴書用紙は自由に何枚でも使っていいし、書いて受付に置いとくと
郵送してくれるんです。

自分の担当者に他の同僚がどんなレクチャー受けているか、いかに自分達が遅れて
いるかちゃんと話しなさいと忠告した。

その夜、彼女からメールが入った。
【明日ハローワークに行って見て来る事にしたよ。聞くだけ聞いてくるわ。
ガーネットさんと会って、元気もらったよ。ガーネットさん元気吸われてないかい?】

12月で40歳になっちゃうので、30代の内に面接うけたいらしい。
なんか結婚とかと似てない?20代の内とか30代の内とかって。


  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

チリも積もれば山となる。ぽちっ (^o^)丿今日も応援あがとうございま~す。
Mちゃんの結果。締切ったと。何だかなぁ~。一番にPC教室通って資格取ったのに。

コメント
この記事へのコメント
ドレーン
ドレーンの廃液量って個人差ありますよね。
同じ日に手術しても早く抜ける人もいるし。
私は量がなかなか少なくならず、早く抜いてはもらえませんでした。
あれが抜けると寝返りや、起き上がるのが楽で、髪も洗いやすいし、嬉しいよね。
2008/10/19(日) 18:39 | URL | はーにゃ #-[ 編集]
はーにゃさん
私も左の時は7日目でした。
A先生「もう一日」と言ったんだけど、看護師さんが「一週間目です」と言ったんで
「じゃ抜こう」ってなったんです。
今回は手術の大きさも違うし、リハビリも真面目にやらなくても動いたんで、
きっと早かったんだと思いますよ。
前回は退院してからも注射器で抜いてもらってました。(^.^)
2008/10/19(日) 19:32 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
オッー じわじわ上がってきたね。v-218
ポチッと...
2008/10/19(日) 21:11 | URL | Himawaripapa #-[ 編集]
ぱーさん
なんか牛歩のようですが、三歩進んで二歩下がる的な感じですね。
ランキングって書き続けなきゃダメなんでしょうね。
リアルタイムな話だけになったら、ガクーンと下がりそうですよ。e-350
応援ありがとうございます。e-463
2008/10/19(日) 21:36 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
書き続けなくてもいいんじゃ~ない?
1位のブログは更新止まってないですか?
2008/10/19(日) 21:43 | URL | Himawaripapa #-[ 編集]
ぱーさん
そうですね。
私のブログは何にも劇的な事もなくダラダラな内容ですが、
まあこれが私のスタイルという事で、これからも自分のペースで進めます。

今はブログ更新が仕事代わりで、パートの時間みたいですよ。
良い感じに時間潰してます。
書く事無くなったら仕事探さなくっちゃ。ククク・・・。(^.^)
 
おやすみなさ~い。良い夢見てね!e-445
2008/10/19(日) 23:27 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
ドレーンってリンパとった人だけの処置のせいか、
私の病院では少ないみたい。
センチネルでリンパが助かる人の方が多いようです。
そんな中で私は一週間繋がっていてドレーン袋をポシェット使わず、
病衣のポケットにいれてました。
取れたときの爽快さは格別(^_^)v

ガーネットさんの所はリハビリもあって丁寧ですね。
2008/10/20(月) 10:08 | URL | れんぎょう #af4CzG3s[ 編集]
れんぎょうさん
ほぉ~、やっぱりセンチネルだと違いますね。
局麻で乳がんの手術受けた人がいて(本人がどうしても全麻嫌だって)、
その方は傷が小さかったんだろうけど小さな袋でパジャマの胸ポケットに
入れてましたよ。
これがですね、乳房再建した時のドレーン袋と同じでした。

再建手術もドレーン一日だけ使います。
http://aerochan.blog33.fc2.com/blog-entry-190.html

リハビリは自分で勝手に方法考えてやってたんですよ。
先生によって動かし過ぎとか、今のままでいいとか色々でした。
だからドレーン抜けるの前回は遅かったんでしょうね。
でもリハビリは一生って言われたけど、本当に可動域って動かさないと
狭くなりますね。

クリニックではマンマ体操というのがありました。
これが結構見舞客とか挑戦したら、手術してない人でもきついって
言ってましたよ。v-411
2008/10/20(月) 11:27 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/335-4b763b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック