リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
2006年11月10日(金) ≪am9:00 乳腺クリニック 4ヶ月検診≫ 

水曜日手術が入った為、金曜日の診察となった。
A先生と二人で診てた。院長先生はいなかった。
9時半には採血。

ガ : (看護師さんに) 骨密度の検査したいんですけど。
看 : ちょっと聞いてみますね。
と、言われたがすぐ検査に呼ばれた。(放射線室が空いてたんだろう)

10時頃には技師さんがエコーをしたが、今日は乳房にはかけなくて
左鎖骨リンパと肝臓だけだった。

間もなく診察に呼ばれたのだが、第一診察室で、いつもは院長先生が
使っている所だった。
第二の呼ばれる人が遅いので、Y先生は第二でしっかり診てると思った。
最初に4ヶ月前の検査結果表をくれた。(結果は電話で聞いている)

ガ : 先生、今日は病理検査の結果をきちんと聞いてなかったので、
    詳しく聞きたいんですけど。悪性度とか。

先生は嫌な顔も声もせずカルテを開いて、最初の細胞診の結果から丁寧に
教えてくれた。
先生がメモに項目を書く時、知りたい項目を伝えた。

ガ : 核異型度核分裂象脈管侵襲リンパ管侵襲HER2・・・・。

Dr : HER2はしてない。
    H14年の時にはそんな検査はまだしてなかった。

ガ : えー、そうですかぁ~?
    これからでも検査できますよね?(検体があれば後からでも出来る) 

Dr : 新たに検査機関に出さなくちゃいけないけど、するかい?

ガ : して下さい。FISH法ですか?

Dr : それは保険適用にならない。

ガ : あ、再発した時じゃないと・・・・。

肝心の核異型度HER2は、H14年では検査していなくて、書いてなかった。

先生が色んな説明をして最後に・・・・
Dr : 何で急にそんな事思ったの?

ガ : 標準治療はステージⅡ、リンパ転移なし、閉経前だとゾラとタモキシフェンと
    あったんで、私は何でそうじゃないのかと思って。
    もしかして悪性度が1なのかなと思ったんだけど、そう言えば私は自分の悪性度
    聞いてなかったと思って、聞かなきゃと思ったんです。

Dr : 日本の腫瘍内科の医者が決めた事で、あなたには強すぎる。
    (本当は世界的なザンクトガレンの標準だけど、それは言わなかった)

ガ : 私もそれは勧められても、多分副作用が強くて断ると思う。
    (ちょっと先生に気を遣った)

Dr : 血液検査の結果を電話するので、その時一緒にしようか?

ガ : その時出ますか?別に急いでないので、次回の診察の時でもいいですよ。

Dr : (看護師さんと検査機関のスケジュールを確認)
    10日後・・・22日の水曜日に電話します。

わざわざ一緒に教えてくれると言ったのは、電話の方が込み入った話もしっかり時間が
取れると考えたからだろうか?
きっと、詳しく話してくれそうな気がする。

予約メモは電話の時間が消されていた。前はpm7:00~9:00と書いてあったのに。

今日壁に掲げていた専門医の証書を見たら、先生方の生年月日が書いてあり、
Y先生はS32.10、 A先生はS30・4、 院長先生はS23、だった。


2006年11月10日(金) ≪am11:00 内科クリニック≫ 

先生が風邪をひいた時用に葛根湯を出してくれた。
前回のは風邪のひき終わりで強い薬との事で、ひき始めには飲まない様にしてと
言われた。
Dr : 今年は、最後ですね。
ガ : 末永く宜しくお願いします。 (嫁入りか!って一人突っ込み)


先生に病理の結果を聞くので、今まで調べた事を頭に叩き込んだ。
医学用語を頭に入れるのは大変ですね。
でもちゃんと聞けましたよ。カミカミもなく。。。
先生のメモは全ての結果の出た時にUPしますね。。。

後に主治医の違うSさんに病理結果の事を聞いたら、やっぱり今のように詳しくは
話して貰っていなかったようです。
手術したのは2002年(H14)だから、この後でリスクの考え方もHER2が加わり
かなり変わってきていました。

来年はザンクトガレンでまた世界の腫瘍内科医が集まり、乳がん術後補助療法の
あり方について会議が持たれます。
治験のデータが分析され、治療法の見直しをかけます。
私達患者も一緒に勉強しなくては、今のベストの治療を受けられません。

がん治療は個別化という方向に進んでいるようですね。
自分のニーズにあった治療を受けるためにも、お医者さん任せではいけません。
患者も勉強していると、お医者さんも真剣に向き合ってくれます。と、思う。。。。。

≪リアルタイムなお話≫
今日は斡旋会社で面談の日。3週間振りかな。
前回提出した職務経歴が形よくできてるはず。
今日は履歴書の書き方のレクチャーを受ける予定です。
ガーネットは主治医と話すより、こっちの面談の方が苦手です。


  最後まで読んでいただきありがとうございます。  
   ←(^o^) あなたの応援が元気の源。がんばるぞ・・・と。

  チリも積もれば山となる。ぽちっ!  
  ←(^o^)丿今日も応援ありがとうございま~す。

コメント
この記事へのコメント
私も・・
悪性度やらも聞いてないよ。
聞いたのは、浸潤がん、リンパ4/15転移、
シコリが上と脇に一つずつ、断端プラスの硬がん。
抗がん剤の中にハーセプチンがなかったから、
HER2は なっかたと思う・・くらいの知識です。

私はそれで良いかと思ってる。
再発したらその時に担当医と相談して、と考えてます。
この病気は先々の備えも考慮しないと、が難しいね。

お仕事、うまくいくこと願っています。
2008/09/16(火) 16:35 | URL | れんぎょう #af4CzG3s[ 編集]
れんぎょうさん
れんぎょうさんは、最初の予定通りに治療は進んだのでしょうね。
私は副作用、婦人科との兼ね合いもあり、ホルモン療法結構迷いました。
情報を得てから余計に迷いました。v-31

性格なんでしょうね。何でも知りたいんです。v-398
再発はいつかあると思っていますが、無病期間を少しでも長く・・・と願っています。
そして新薬を待つという、セコイ作戦練ってます。ははは・・。v-411

今日の面談は有意義でした。
早く求職の申込書出して欲しそうだったけど、まだ今の生活に飽きてないので、
もう少しのんびりします。v-342

2008/09/16(火) 17:53 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
こんばんわ~
おぉぉ~職務経歴書ファイトです^^
慣れない事に挑戦するとき、脳が活性化するとか。
脳内革命のチャンスですね♪
2008/09/17(水) 00:52 | URL | ウルズ #SFo5/nok[ 編集]
先日はわざわざお越し下さり、
恐縮しております。
こちらにまで温かいお言葉をありがとうございました。
私の父もがんで手術して
数年になります。
情報満載の
ガーネットさんのブログが、
より沢山の方の安心につながりますよう、応援してかえります。
ありがとうございました。
2008/09/17(水) 01:30 | URL | きんとと #98YKPiUA[ 編集]
ウルズさん
今回の面談で、全く畑違いの仕事も考えみようかなぁと思いました。
今までは経験を活かしてと思ってましたが、新しい世界もおもしろそうだなって。
あせらず自分のニーズに合ったところをじっくり探します。
まだ真剣に探してもいないですが。v-411
ウルズさんは有意義なお休み満喫してね!こんなチャンスもうないかもよ!
2008/09/17(水) 08:26 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
きんととさん
あら~!こちらに来ていただいてたんですね。
ありがとうございます。
そうか、きんととさんの周りにもがん患者はいるのですね。

きんととさんお若いですね。
実はもっと上の方かと思ってました。v-411
これからも楽しい記事お願いしますね。
私の免疫力UPのツールにさせていただきます。
2008/09/17(水) 08:47 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/302-249e79b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。