リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
2006年8月2日(水) ≪検査入院2日目≫ 

7:00 手首に麻酔のパッチを貼る。
8:15 カテーテル挿入による化膿止め クラビット錠(ペンレス)3日分
9:45 T字帯、着替え、検査室へ。心臓カテーテル検査


手技はI先生と言っていたが主治医だった。
右手首に麻酔のパッチを貼ったので、針を刺す時はちっとも痛くなかった。
感覚としてはブスッと太い針で刺される感じだが、カテーテルを導入する時は
ちょっと違和感があった。
何か注射液が漏れた時の痛さに似ている。

15分程で検査は終わった。
モニターが6台あって、1つのモニターに心臓の血管が映っていた。
とってもきれいに流れていて、隅々まで行き渡っていた。

Dr : すごくきれいな血管だ。  

検査をしながら言ってたので大丈夫だと分かった。

明日の9時に説明の予定だったが、夕方6時ちょっと前に先生が来て、
今日の説明を聞いた。
検査が終わった後で『超音波を撮らして下さい』と言われたので、念のための
検査のようだ。

Dr : ものすごくきれいで太い血管で、流れも良く全く問題ありません。
    どこにも詰まっている箇所は無いし、プラークも写したけど見当たらなかったし、
    血管壁もきれいなのでリスクも無いです。
    心電図ではものすごい事になっているんだけど、カテーテル検査では本当に
    きれいな血流で、血液検査でもコレステロール値等も良いし、タバコを吸わない
    という事で完璧だ。スポーツ心臓という事になるのかなぁ・・・。

ガ : じゃあ運動は今迄通りしてもいいですか?

Dr : スポーツは大いにして良いです。
    この模型よりきれいかも知れない。(冠状動脈の模型を見ながら説明していた)   

ガ : 先生よりきれいかも知れませんね! (^^♪

Dr : そうですね。僕達は時間が不規則なんで・・・。 (^_^;) (ちょっと小太り)


先生に血液検査の結果表を下さいと言ったら、全てPCで管理しているようでプリント
アウトしてくれた。
説明もPCに取り込んだ画像で血流を見ながらのものだった。


カテーテル導入口 
  ← 今もカテーテル導入したところは茶色に
    ポツンと跡が残ってます。
    (脈拍を測る場所と同じ動脈)


  手首の止血は2時の時点で止まっていなくて、
  4時にようやく止血バンドが取れた。
  でも腫れていたので絆創膏を貼っていて、
  それは明日取るという事だ。


★圧迫して締め付けているので、指先は血が通わずムラサキ色になり、腫れと痺れ
  で痛いほどだった。 それでも先生は「まだ大丈夫」って言ってました。
  この止血までの時間が結構長くて辛かった。
  でも大腿の付け根からの人は翌日まで寝たきりなので、まだ良い方ですね。


検査に興味のある方はこちらを → 心臓カテーテル検査


内科クリニックのS先生に手紙を書いてくれているようなので、これからはそちらで
治療に当たってくれと、退院計画に書いてあった。
病名は狭心症の疑いとなっているが、結局分からないのだと思う。

時々胸が痛くなるのは、『ホルモンのバランスが崩れた時か何かのストレスとか、疲れ
とか出た時に起るのかも知れない』と言ってた。
でも何もかもはっきりしてなくて、はっきりしているのは『どこで検査を受けて、どの先生
が診ても心電図はひっかかるでしょう』との事。

【管理栄養士さんの説明】
塩分1日7gまで、味噌汁1杯1.5g
2杯飲んだらそれだけで1/3を使ってしまう。
でも検査の結果はサラサラ血のようだし、プラークも血管壁に出来てないのだから、
今迄の食生活で問題ないと思う。

心置きなくホルモン治療を続けられる事が何よりだし、自分の血管を調べられた
ので良かった。
1日1600kcalが普通なのか? ご飯の量は180gになっていた。
少しでも果物は食べた方がいいと思う。

明日10:30に超音波を受けて、12:00に退院。
お昼はパスしたので、どこかで食べよう。


同じ病室には他に3人の患者さんがいた。
透析を受けなくてはいけない30代の糖尿患者、心臓手術を受けた60代の方とか。
管理栄養士、ソーシャルワーカーとか、研修医や看護師が入れ替わり立ち替わり
病室に出入りしていた。
看護師は毎日変わるので、私以外の方も顔を覚えきれないと言っていた。

若い研修医が床に片膝をついて患者と話していた。
いかにも研修している感がありありで・・・でも、ちょっと引いた。
だって、何だかホストみたいに見えたんだもん。
患者様だから? イスに座るか、ベッドの端に腰かけてお話しても良いと思うんだけど。
そこまでする必要あるのかなぁ?

看護師だってあんなに大勢出たり入ったりで、一人一人担当が違うようで、ついでに
聞いておこうなんて出来ない。
まるでファミレスのあなたオーダー取る人、私運ぶ人みたいな。
ここの看護師さんは皆さんスッゴイきれいで若かった。

ルートが出来てるって主治医が言ってたけど、マニュアル化されてるのはいいけど、
心臓カテーテルで満点を頂いた肥満度ゼロ、コレステロール値も異常なしの私に、
どうして管理栄養士が来てわざわざ指導する訳?
入院患者には指導しとけって?

検査室での事。
医師は3人いたと思う。主治医の他に2人。手術台に上がる。

まず左手にカテーテル導入と思ったようで(通常心臓に近い左と思うのは分かる)
何やら準備しているので、検査室に入ってきた主治医が慌てて『右だから!』と言った。
二人は『えっ!左じゃないんですか?』って。
そして今度は左腕に血圧計を巻こうとしてたので、私が主治医に言いました。

ガ : 先生、左手使っていいんですか?
主 : あっ、腕じゃなくて脚に巻いて!・・・ごめんね!(と私に)
研 : ???

またか~。。。 

しょうがないのかなぁ。
乳がん患者の心臓カテーテル検査って、あまり経験してないかも?多分初めて?
前日の検査説明の時、外来の検査で左手に造影剤入れられそうになった事を主治医
に伝えていた。
なのに又こんな目にあったのです。
だから主治医が『ごめんね』と言ったのです。

あ~良かった~全身麻酔じゃなくて。。。  

今は両側だから右手も点滴に使えない。もう脚しかないんだ。心カテはもうしない。


FC2ブログランキング   つまらない話を最後まで読んでくれてありがとう!
  ←(^o^) あなたの応援が元気の源。がんばるぞ・・・と。

人気blogRanking  地味~なポチポチが力になる!
  ←(^o^)丿応援ありがとうございま~す。

 
コメント
この記事へのコメント
大掛かりな検査だったけど、結果的に、受けて良かったですね。
やっぱり自分の体のこと、よく知っておかないと守れないですもんね。
全身麻酔じゃなくて、ほんと良かった。ブスッと刺されてからじゃ遅いもんね。(^_^;)

それにしても、太くてきれいなんて、いいですなぁ。日頃の運動の賜物かな。
2008/09/09(火) 19:37 | URL | はーにゃ #-[ 編集]
何にモンローが描かれているのか
非常に興味を抱きながらポチッと!
又、順位上がってきたね。v-221
2008/09/09(火) 20:38 | URL | Himawaripapa #-[ 編集]
はーにゃさん
一度はやっておいて良かったと思います。
頭部CTもそうだけど、ホルモン療法が長いので自分の中で
血栓の心配があって、検査色々しちゃいました。

私達乳がん患者には当たり前の事でも、他科の医師では気付かない事も
あるようで、はーにゃさんも気を付けてね。v-21
2008/09/09(火) 23:04 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
himawaripapaさん
やっぱり気付いちゃいました?(誰でも気付くってか)
これはマウスパッドです。
会社で使ってたんだけど、可愛いので捨てないで持ってきました。

あるメーカーさんが作ったもので、毎年のカレンダーもモンローを使っています。
来年から我家からモンローが消える。ふぅ~v-129

ランキングものすごい下落でした。
二度と浮上できないかと思いましたよ。ははは・・・v-411
応援ありがとうございます。<(_ _)>
2008/09/09(火) 23:29 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/295-cfe5caa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。