リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
1996年1月12日(金)の手帳メモより・・・・・40歳
 大でマンモグラフィ撮影 細胞が増えているので、再検査を
1/16 エコーをかけて、細胞を採る


1996年1月16日(火)の日記より抜粋・・・・・40歳
 【エコーかけて細胞診の予定が・・・・・
 

1月12日(金)の乳がん検診で、3ヶ月前と同じマンモグラフィを撮り、
細胞が増えているかどうかのチェックをしたのだが、増えているとの
事だった。 11



それで、今日エコーをかけて細胞診をする予定だったのだが、エコーをかけた時点
では、増え方が小さすぎて発見できなかった。28

見つけたとしても、そこに針を入れて細胞を採るのは、自信がないというのだ。
M先生はいないのかと思ったら、検査の日も先生がいるのを知った。
そう言えば、前回細胞診をした時もM先生がいた。

ちゃんと自分の担当の患者の時は、来ているんだな!! 357
外来にはいなかったはずだから・・・・・・・

何だかM先生の顔を見ると、声を聞くと、ホッとする。 398
あの優しい笑顔、やさしい声、イイナーと思う。
1年に2度会うだけなんだけど、もう4年も続いている。先生は全然変わってないな。


今日のエコーの先生~とネームが読めたんだけど、M先生は兄弟共、第1外科に
いると聞いた事があるから、もしかしたらもう1人のA先生なのかな 362 363
あんまり似てなかったけど、話し方はやけにくだけていた。 411

M先生はマンモで違いを診たけど、エコーはやはり難しいのかも知れない。

【その日の検査模様 A先生】
A先生は、エコーで20~30分かけて捜してくれた。
右の方もチェックしてくれたんだけど、水ぶくれができているそうだ。

ガ : 水ぶくれ184 362 364
Dr: 大丈夫 426 珍しい事じゃないから 411  39歳・・・40歳か・・・なったばかりですね?
ガ : はい。


【検査後の説明 M先生】
手帳メモより

A先生はエコーで確認できず、M先生は針を入れて欲しかったようだが、A先生が
探しきれる自信がないという。
3ヶ月後に様子を見て、レントゲンを撮って、もう1度大きくなっているかどうか、
確かめるとの事。

M先生は、放射線をあまり浴びさせたくないから、写真を何枚も撮りたくない
と言ってた。
だから前回の拡大写真と同じ方法で、場所を指定してとる事にした。


日記より抜粋

私が診察台に腰掛けたら、M先生も横に腰かけて結果を話してくれた。

Dr: 4月に、3ヶ月後に来てみませんか?

ガ : みませんか?  !(^^)!
   ( くだけて話してみたが、先生は真面目な顔で説明を続けた )

Dr: 仕事はあるんですか?

ガ : 仕事はありますけど、合わせます。
   ( と、言ったので4月19日の金曜日という事になった )

本当にM先生は優しい先生だ。
毎日でもお話をしていたい。顔を見ていたい。176
ずっと大にいてくれたらいいんだけど・・・・・


何だか今日フッと思ったんだけど、いつの日かM先生のメスで

乳がんの手術をするんじゃないかって・・・・・・・・・ 


M先生はかなり細かくチェックしているのかも。
あんまり分からないような変化をマンモで見つけたのだから。 84 19
まぁ3ヶ月間は又、忘れて暮らせそうだ。

今回は痛い思いをしなかったから、良かった。
胸のエコーもあるなんて知らなかった。
それなら触診じゃなくて、初めからエコーでみんな診断すればいいのに。 397

あんな黒い画面で、水ぶくれだの、乳腺だのが判るのかな?

すごい!



この二人の先生は、現在私が通っているクリニックの院長、副院長です。
乳癌の手術をするんじゃないかと予言めいた事を云っている。
そして、大にずっといて欲しいと・・・・・・・

そう、ずっとM先生が大にいて、きちんと次回診察、検査の事前予約をしていたら、
検診を5年間近くさぼるなんて事は、絶対なかったのに・・・・・・ふぅ~
所詮~たら、~ればの話です。


さすがにこの頃は少し危機感があったのかも。
それにしても【3ヶ月間は忘れて暮らす】なんて、相変らずのほほんとしている。
まぁ、いつも検査しては何とかパスしてたので、無理も無い事かも。



  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/24-d103722b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック