リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
2004年8月2日(月) 
形成外科へ来週予定通り手術を受ける確認の電話を入れる。 

2004年8月4日(水) 
 乳腺クリニックへお薬の処方箋の依頼。
お薬を頼む時、「形成外科の手術で抗生剤が出るらしいので、抗がん剤は続けてもいいか
先生に聞いておいて欲しい」と受付に頼んで電話を切った。

pm3:30
クリニックに行き受付に診察券を出したら、
『先生がお話があるそうなので、ちょっと待って下さい』 と言われた。
10分程して呼ばれ診察室へ入ったら、A先生だった。
Y先生は手術中との事。組織診の手術をしていたのだろう。

ガ : こんにちは。
Dr : こんにちは、あっ、ガーネットさんね。(カルテを見ながら)
    抗がん剤は当分の間お休みして下さい。
    抗生剤とノルバデックスは飲んでてもいいです。
ガ : (当分っていつまで?と思い)この次の診察は9/1の予定なんですけど。
Dr : その時まで止めてて。
    多分大丈夫だと思うけど、傷の治りが悪くなるかも知れないから。
    傷の治り具合を見てまた続けるかどうか決めるから。
ガ : 消毒も無いらしいんですけど。
Dr : 消毒をしなくていいような手術方法をするんだと思う。縫い方とか・・・。
ガ : 次の日からシャワーもしていいって、言ってました。
Dr : 次の日から! 水絆創膏とか何かビニールみたいなもので、覆うのかも
    知れない。どこの病院でやるの?
ガ : S形成外科。
Dr : あー、じゃあN先生だ。それなら大丈夫!

N先生は信頼があるらしい。
これで何があってもクリニックの先生全員、私が乳房再建手術を受ける事を知ってる
ので、形成が休みの間も安心だ。

とってもイスが近かったんだけど、久し振りにA先生の顔を見たら、意外と顔が
ちっちゃかった。そしてメガネもしていなかった。
やっぱりY先生と比べると若々しい。ちょっと痩せたかな?

★後で知ったのですが、A先生はY先生より4~5歳上でした。
  そしてY先生は私より2歳若かった。

4時前にお話が終って待っていたら、Y先生が手術着のまま下りてきた。
前回お薬を貰いに来た時も見た。お話はしていない。

★この当時私はお薬は1ヶ月分しか処方されないものと思っていた。
  大分経ってから、送ってもらってる人は3ヶ月分出てるのを知ったのでした。
  だから毎月診察以外でもクリニックに行っていました。

8月から心療内科の先生が週一回半日診るようだ。心のケアという事だろうか。

【薬局で】
薬剤師さんが『婦人科の方どうですか?』 と聞いてきた。
婦人科での話を伝えたら、どうしても抗がん剤を飲んでいると抵抗力がなくなる
のでカンジダになりやすいと。
それで子宮筋腫が一年半で2倍になってる話をしたら、クリニックの先生に話した方が
いいと言われた。

半年ホルモン剤飲んで、半年休んでいる人もいると言ってた。
アリミデックスは閉経の人用だと。


この頃から薬剤師さんとも親しくお話するようになった。
初めの頃はお医者さんじゃないんだからと、質問されてもあまり答えなかったのだが、
積極的に聞かれた事に対して情報を伝え、参考となる意見等を聞く事ができた。

カンジダ抗がん剤の副作用だとは、考えてもいなかった。
ネットで調べたら抗生剤を使うとどうしても起きるらしい。

私はこの5年間二年と空けずに少なくても5~6度は手術をしている。
左右別々で再建した事、右豊胸でサイズを合わせた後の乳がん手術があったし、
シリコンの位置修正だったり、乳頭形成も左右別々にしたので、最初の手術から
4年間で今年3月完成した。

当然抗生剤も頻繁に飲む事となる。
なので治りづらいんだと思う。それからは婦人科の先生にも手術の予定、
抗生剤の服用について、随時報告をするようになった。


FC2ブログランキング  もうすぐ再建手術だ!最後まで読んでくれてありがとう!
  ←(^o^) あなたの応援が元気の源。ポチッと一押しお願いします!

 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/186-8cbd9b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック