リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
≪今年10周年乳がん克服パーティー ’08.3.23(日)≫
乳腺クリニックの10周年パーティーがあった。
3度目の出席になる。5年毎に開催されるがん克服パーティーだ。
ホテルでブッフェスタイルの食事にアルコールも各種揃っている。
全てクリニックから患者への招待です。今回は1,000人程の人が出席したようだ。

食事の前に講演会があるのだが、今回は『乳がんと患者さんと医師』というタイトルで
東京女子医大の芳賀教授の講演だった。教授は現在は日本医科大学にお勤めです。
開演10分程前に講演会場へ向かったのだが、あまり空席がなくて顔も見えない席に着いた。
でも、前の席が空いてると聞いて移動した所、最前列でしかも演台の直ぐ近く。

講演中も教授のお話をメモりながら、目線が合う。
パワーポイントを使いプロジェクターで資料を映していた。あの資料欲しかったなぁ。
メモしきれなかった。

講演の前にクリニックの先生達の出身大学の現教授で院長と同期という
H教授の挨拶があった。
その中で『チームオンコロジー』という言葉を聞いた。
そして、これからはチーム医療というものに移って行くだろうと。

この日私は院長先生にお礼を言わなくてはいけない事があり、そのお返しにと10周年の
記念に「最高の医療をうけるための患者学」の本をクリニックに置いて貰い、患者さんに読ん
でもらおうと5冊ネットで購入し、持参していた。


祝退院 去年退院後自宅療養していた私に院長先生からお花が届いた。
 祝退院のメッセージカードが付いていた。

 今は主治医ではないので、クリニックに行って顔を合わすチャンスも
 なかなか無くて、ついに一年経ってもお礼を言えてなかった。

 院長先生にお礼とご挨拶し、本の事も了解を得ることができた。
 なのでこのお話はとてもタイムリーだったと思う。ラッキー!

 お花は今もドライフラワーにしてお家に飾ってる。


講演内容をメモれた範囲で紹介します。
日本乳がん学会には680名の専門医がいるそうだ。若い先生が多いと言っていた。
青森、秋田には1名しかいないとか。
私が住んでいるところは全国的に見て乳腺専門医が多いそうだ。
そして、乳がん患者も多いとの事。これは専門医が多い事と関係あるのかも知れない。

乳腺専門の病理医が極端に不足しているそうだ。
病理の先生の費用は赤字であるとか。病理診断料はアメリカの10分の1だそうです。
また『乳房温存』という言葉を考えたのが芳賀教授だとの事。
乳がんも乳癌とかくといかにもごつごつして、癌というイメージになるので平仮名の
やさしい字にしているそうだ。

しかし、日本乳癌学会も本当は【乳がん】にしたかったのだが、厚労省からOKが出なかった
そうです。
ガイドラインについて教授は、最近の若いお医者さんはガイドラインというと法律か何かと
勘違いしていて、絶対守らなければいけないと思っている。
信頼が持てる治療がガイドラインである。なので、指針と言うのがいいのではないかと
仰ってました。

またインフォームドコンセントについては、何処まで話すか、全てを話すのが良いのか、
患者がどこまで知りたいか等も考慮しなくてはいけないと。
主治医とどうしても合わない時は途中から逃げるより早く逃げる事と言ってました。
乳がんは経過を長期に診ていくため、主治医との付き合いが長くなるからだそうです。

教授は女子医大時代の患者さん500人を引き連れて移動するようです。
たくさんの患者さんを診ているので、カルテには患者さんの生い立ち、家庭環境、趣味等を
書いているそうです。
例えば旅行に行くとか、風邪は?とは。
そして次回診察の時そこから話始めるそうです。
こうして患者とコミュニケーションを取っているそうです。

この話を聞いて、クリニックの院長先生も「初心に返って僕も時間外でも患者さんの話を
じっくり聞く事にします」と言ってました。
続きは↓こちら
パーティーにはSさんと一緒に行った。
会場で去年入院していた時同室だった方に声を掛けられた。
実を言うとすっかり私は忘れていたのでした。顔を見て思い出しました。
あんなにたくさんの中から皆さんよく気付くなと感心します。
私は本当に名前や顔を覚えるのが苦手です。
3人の方に声を掛けられた。皆さんごめんなさい。

私の主治医はお酒が好きです。飲んべぇだと本人が言ってた。
なかなか先生の姿を見つけられず、挨拶もできなかった。
ようやくパーティーが終わって会場を出る時、ドアの近くで水割りを片手に患者さんを
見送っている先生を見つけた。

ガ : あっ先生!こんな所にいた。まだ飲んでるんですか、ずっと捜してたのに・・・・。
Dr : だってあなたが来てるの知らなかったもの。
S : 写真撮ってあげようか?
ガ : うん。
今回は自分の携帯で撮れたので写真も残ってる。
皆が出たらSさんと記念写真撮ろうと、会場の外のソファーでくつろいでいた。

そこへY先生が患者さんに連れられて出てきた。
他の先生は会場から出たところで患者の見送りをしていたのだが、Y先生はそれを知らな
かったらしく、患者さんに促されて挨拶の列に加わったようだ。

最後に残ったのが私達だったのか師長さんが「ガーネットさん、先生達いなくなっちゃうよ」
と声を掛けてくれたが、私は既にお顔を見てるしSさんも「明日診察で会うから」と言うので、
正式な挨拶もなしに終わった。

私達も人がまばらになってきたので、看護師長さんと記念写真を撮ったりしていたら、
またY先生と会った。
先生ちょっと太ってきてたので、「4月の診察日までに元に戻しておいて」と言ったら、
「それは無理、7月まで待って!」と言われた。
そして先生どうしたのか、いきなりハグしてきた。
なので、私も先生のお腹チェックしました。思ったよりメタボってなかった。
きっと、これから走り込むに違いない!

今回はお昼の時間のパーティーだったし、Sさんは翌日骨シンチだったので、お互い別れて
それぞれ買い物をした。
その時私はデジカメとipodを買ったのですが、今現在まだ荷を解いていません。
買ったままです。
そして何と!地下鉄の駅でお互い買い物帰りにまたSさんと出会ったのです。
こんな偶然ってあるんですねぇ! 2~3時間は経ってたと思う。


≪リアルタイムなお話≫
17、18日と風邪気味で木曜日はインターのクラスなのに休んだ。
でも昨日だいぶ良くなってきたのでインタークラスと筋トレのフルコースしてきました。
帰ったらもう鼻水が止まらない。何で?

確かにもう冷房はいってるからストレッチしてると、知らない間に身体が冷えてる。
しっかりサウナで温まったはずなんだけど。

ケロイド用に貰ってたアレルギーの薬は鼻水を止める。なので飲んでみた。効く~。
今朝も飲んだ。喉の痛みは無いから、風邪はよくなってると思う。もしかしてアレルギー?
せっかく身体も絞れつつあったのに残念。ちょっと頑張り過ぎたかも。

去年の今頃も自宅療養中に風邪をひいていた。というか、原因不明の炎症を起こし
抗生剤を飲み治らなかったら検査入院と言われ、会社復帰を何日か延ばしたのでした。

この時期、暖かい日と寒い日の寒暖の差が激しく会社も暖房を切るので、意外と
4月の社内は寒いのです。
昨日UPした記事も今頃の時期の話。で、風邪ひいてた。
いつも4月は風邪ひいてる事がわかった。

FC2ブログランキング イヤ~長かったでしょ?飽きた?最後まで読んでくれてありがとう!
 もうひと仕事。サヨナラの前にポチっとお願い。 (^_-)-☆

      
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
とても 内容の濃い お話、ありがとうございます。
ガーネットさんの病院は患者向けのイベントがあるのですね。
これからの医療はチームオンコロジーが主流でしょうか。。。
そうあるべきと思います。 
でも、これには地域格差がはっきり出ると思います。

パーティはなくても良いから、年1~2回の患者向け講演会など、
病院側が開催してくれると、嬉しいのですが、
なかなか難しいですね。

気温変動のある時期だから、お体大切にしてください。
2008/04/20(日) 12:39 | URL | れんぎょう #af4CzG3s[ 編集]
れんぎょうさん
今日の記事はもっと早くUPするつもりだったので、日記形式でつけてなくて
本当の講演のメモから書き起こしています。なので、文章がちょっと変です。
一ヶ月も経つと記憶も細かいところまで思い出せないというか、
面倒になってしまった。(^-^)

講演で私が一番驚いたのは病理医にも専門があるという事。
今迄病理医は全ての病理検査をすると思っていました。
そして赤字であるという話。

私が二度目の病理検査の結果を貰った時、主治医が「じいちゃん先生だから・・・」
と言ってました。
地味な仕事ですからね。なり手も少ないのかもね。

私は講演会等は市の広報で調べたりしてます。
大学病院が事務局になって開催するセミナーもあります。
患者団体とか、患者会とかでもセミナー開いていませんかね?
たまに病院にもパンフ置いてたりしますけど。

れんぎょうさんは患者会とか入っているのでしょうか?
私は入ってないので、セミナーやネットで勉強してます。

れんぎょうさんはとても勉強しているように思いますが。
ネットで地域の開催状況を調べてみるのもいいかもね。
れんぎょうさんが勉強する会とか立ち上げてはどうですか?
行動力ありそうなので。

チーム医療はそれぞれの医師が現状のままで毎日の診察に追われるか、
常に勉強しているかどうかでそこの地域格差の一因にもなるのかなぁと
思ったりします。地域じゃなく、人じゃないかなぁと。

医療費が削られるとなかなか進まないかも知れませんが。
慢性な医師不足、看護師不足ですからね。

ようやく自転車準備できたので、明日から自転車通勤します。
風邪もよくなりつつあります。今日はとって良い天気ですよ。
2008/04/20(日) 14:58 | URL | ガーネット #0ll.HrS2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/147-aa31075f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。