リストラ、50代の就活、派遣切り、そして現在パートさん・・・この先どうなるのか?賢い患者になるよ!生きてるだけで丸儲け!!
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
2003年2月12日(水)
乳腺クリニックで前回から1ヶ月後の検診 採血、エコー、右胸細胞診

【診察】
今回は前回の様に長く待つ事なく、30分程待ったら診察だった。
今日は先に診察をしてから検査に入った。
診察室に入って洋服を脱いでいる時に、もう先生が話しかけてきた。

Dr : 変わりないですか?
ガ : 先生、この間は留守電にしててすいませんでした。
Dr : いいんですよ。

ガ : 7時過ぎまで待ってたんですけどこなかったんで、忘れているのかと思って
    ました。

Dr : いつも9時半とか、10時頃になるんだよね。 運動はどの程度しているの?

ガ : 2kgのダンベルを使っていて、でも手をさげっぱなしにして重い物を持ったりは
    していないです。

Dr : 手術前と比べてどの程度?腫れてない?

ガ : 腫れてないですよ。今までは3kgのダンベルだったんで7割程度の運動量だ
    と思います。

Dr : あなたの場合よっぽどリンパの流れが良いか、静脈、動脈が良く働いて
    いるんだと思う。もう元に戻してもいいよ。
    ダンベルも3kgに戻して腫れるかどうか、腫れたら2kgがリミットという事
    だから。


先生も見極めたいのかも知れない。
他の人より運動しているので、先生が思うよりリンパの流れは良いみたいだ。


【左胸全摘手術部エコー】
診察室の中の診察台で、先生がエコーを撮りながらモニターを私の方に向けて
説明をしてくれた。

皮膚は溶ける糸でだけど、中の筋肉は絹糸で縫っているんだそうだ。
エコーを見ながら糸のある所を教えてくれた。すごく色々と縫っているらしいのだ。
その糸はずっと残ったままになるそうだ。

そして肋骨は切っているのか聞いたら、エコーを見せてくれて説明してくれた。
切れている所があった。2本、2cm程ないところがあるという。
Tさん(両側乳がんで、看護師さん)は、切ってるだけだと言ってたけど、やはり2cm
無い所があるんだ。

【右胸エコー】
前にもあったのう胞(先生は水が溜まってると)が今回新たにはっきりした丸いの
を発見。
 
前回もあったか聞いたが、そこまで詳しく撮っていなかったようだ。前回は技師の
エコーだった。
今回はその前に先生が触診している。

もしかしてその時シコリを発見したから、エコーをかけたんだろうか?
1ヶ所はっきり大きく見える所があった。 (右乳頭上側)
先生が「針刺してみようか?」と言って、細胞診をする事になった。

その前にイスに坐り直し話をする時間があったので、色々確認したい事を聞いた。
薬を飲む時間にズレがあってもいい事。
風邪薬はもしもの時の為に出してもらう事。

先生が「どの薬を出そうか」と言ったので、鼻水と喉の痛み&咳の2パターンをお願
いした。


ガ : 病院に来る時はいつも調子がいいんだけど、どういう訳かその後2~3日経つ
    と調子悪くなるんですよね。

Dr : (笑) 咳止めは麻薬のもあるよ。そっちの方が効くけど。

ガ : 入院してた時飲んでたのは、効かなかった。

Dr : あれは一般的な薬だから。


どっちにするか迷ったけど、今回は前に飲んでた弱めの薬にする事にした。
一週間分出してもらった。うがい薬も2本出してくれた。

その後一旦洋服を着て待ってから、細胞診の為検査室へ入った。
細胞診
先生は乳腺が硬くて針を刺して細胞採るのも、針を抜くのもスッと抜けないとか、
大変そうだった。

「痛いでしょう?」と何回も聞いてきたので、痛いんじゃないかと心配したけど、
本当に痛くないんだけどなぁ。

確かにエコーの画面見てたら、シコリに針が触れて動かすと、そのまま横にズレて
刺さらなかったりしたから、痛そうに見えるかも。

抗がん剤を飲んでいる時でも対側に癌が発生する事はあるそうだ。
その薬が効いていないという事になるらしい。これはできるまで分からないのだろうか。
ちょっと心配になった。


Dr : 記念に撮っておきましょう。(エコーの画像をプリントアウトしてたようだ)
    良い物でも悪い物でも検査しておいた方がいいから。
    今日はお風呂入らないで。

ガ : 汗かいちゃいけないですよね?

Dr : 大丈夫でしょ。・・できればかかない方がいいけど、我慢できる?
    エアロ中毒だから!

ガ : (爆笑) 先生テープ貼るの難しいんですけど。(先生が処置している時)

Dr : テープの貼り方はタテに貼ってもどっちでもいいよ。
    これは一人で貼るのは難しいよね。


右のしこり、良くても悪くても月曜日に電話くれるというので、月曜日から会社に出る
と伝えた。
これに対しては何にも言わなかった。
夜遅い方がいいと言ったら、「わかりました」と・・・・・。


検査室を出る時・・・・
ガ : 先生、これ、ちょっと早いけどバレンタインチョコ。
Dr : あら、あら、ありがとうございます。(^-^)
ガ : (*^_^*)
Dr : お大事に。
ガ : ありがとうございます。

検査技師の女の子もいたけど、しょうがない。この時しかチャンスが無かったから。
まさか裸で渡す事もできないし。

今度はちゃんと9時半までに絶対帰って、先生からの電話を待とう!
良い結果でありますように・・・・。



★4年後右乳癌が発症した時、乳がん相談室(ネット)で相談したところ・・・・・
  タモキシフェンを投与しているからといって,完全に対側の発生を防げるわけでは
  ありません。
  防げるのは40%程度です。


このような回答をいただきました。


主治医のY先生は抗がん剤の耐性について説明していたのに、私がきちんと理解し
ていなかったという事です。
術後ホルモン療法で飲んでた、タモキシフェン(ノルバデックス)に耐性ができるなん
て事、全く知りませんでした。

薬はずっと長く飲んでると何でも効きが悪くなりますよね。
これが耐性という事なのでしょうか。



  人気blogRanking  にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
      ↑          ↑           ↑
皆さんの応援で、また更新しようとがんばれる。ぽちっ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aerochan.blog33.fc2.com/tb.php/125-1d315949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。